//Google Search Console用 楽天証券 vs SBI証券 – 投資信託のクレカ積立はどっちが有利?ポイント付与プログラムを比較してみた | なまろぐ

楽天証券 vs SBI証券 – 投資信託のクレカ積立はどっちが有利?ポイント付与プログラムを比較してみた

投資SBI証券, クレカ積立, ポイント積立, 投資信託, 楽天証券投資, クレカ積立, ポイント積立, 投資信託, 楽天証券

最近は投資信託の積立をクレカでできるようになった

しかも、積立金額に応じてポイントがつく

しかもしかも、毎月の投資信託の残高に応じて、さらにポイントがつく

なんか、すげーな

ポイントも含めて複利で運用することを考えると、将来の資産形成にかなりインパクトがある

となると、より有利な証券会社で積立をすべきだということになる

ポイントプログラムのツートップである楽天証券とSBI証券を比較して、どっちで積立するか考えてみた

楽天証券

楽天証券では、楽天カードで投資信託の積立をするとポイントがつく

毎月5万円が上限で、1%付与される

付与されたポイントを積立に使うことも可能

さらに、毎月の保有残高に応じてさらにポイントがつく

付与率は保有銘柄の評価額の合計によって異なるが、評価額50万円以上が必要

ポイント付与には上限があり、評価額2000万円での月1000ポイント付与がマックス

対象となる投資信託には、SBIの投資信託も含まれている

しかし、対象外の投資信託もある

対象外のリストを見るとレバレッジファンドが多い印象

法人口座、未成年口座は対象外とのこと

また、楽天銀行ユーザーは別のプログラムがあるようだ

楽天銀行の口座を持ってるとポイント付与の上限がなくなるらしい

最低10万円からポイントが付与され、上限はなし

2つのプログラムのポイント付与のグラフを見ると、評価額によってどっちが有利かは少し変わるようだ

楽天銀行の口座なしの場合だと、最低額の50万円だと0.01%だが、額が増えるにつれて付与率は悪くなり、0.0025-0.005%になる

楽天銀行の口座ありの場合で、だいたい0.004%を維持する感じ

楽天証券の国内株式やFXも対象になるらしいので、楽天証券をメインにするなら楽天銀行の口座も作っておけばいい

が、楽天証券がメインでない場合や、楽天証券に2000万円以上の投資信託を預ける予定がない場合は、わざわざ楽天銀行の口座を作るほどのメリットはなさそう

SBI証券

SBI証券でも、クレカで投資信託の積立をするとポイントがつく

三井住友カード発行のVポイントがつくクレカが対象らしい

毎月5万円が上限で、0.5%付与

さらに、毎月の保有残高に応じてTポイントがつく

銘柄によって付与率が異なるが、基本は1000万円まで0.1%、1000万円以上は0.2%

ただし、一部の銘柄は0.1%以下

リストを見ると、有名なファンドは0.1%以下になってる印象

楽天の投資信託も0.1%以下のリストに含まれている

SBIの投資信託も0.1%以下

保有額の下限・上限はなし

また、ポイント付与の上限もなし、っぽい

貯まるのは三井住友カードのVポイントだが、Tポイントに交換したらポイントを使って投資信託を積立することもできそうだ

ただし、Vポイント500ポイント→Tポイント400ポイントらしい

また、他社から移管した投資信託も対象になるらしい

比較銘柄の選定

楽天証券とSBI証券のポイントプログラムを比較する

楽天証券はポイントプログラムが2つあるが、比較をシンプルにするために、楽天銀行の口座ありの場合で考える

ポイント付与率も一律0.004%として比較する

いくつか異なる投資信託で比較したいので、最初に候補となる銘柄を選定する

選定の条件は、管理費用が安いこと、米国株インデックスをメインに投資していること

楽天証券とSBI証券の投資信託のページで銘柄を検索して、管理費用が安い順番に並べ替えをして、対象になりそうなものをピックアップした

その結果は、こんな感じ

まぁ、想像通りの顔ぶれ

管理費用が安いeMaxisと楽天とSBIのファンドだけになった

米国株をメインに絞るので、米国株インデックス、先進国株インデックス、全世界株インデックスが候補になった

同じ銘柄ならどちらの会社でも管理費用は同じ

おもしろいのは、SBIのSP500ファンドは楽天にはなさそうだった

比較

今回は、ポイントプログラムの比較なので銘柄同士の運用成績の比較はしない

比較したところで、どれも米国株インデックスがメインだから、とうせ大きな違いはない

リターン重視ならSP500、少しは分散したいなら先進国、もう少し分散したいなら全世界、って感じだが、ほとんど好みの問題

楽天証券とSBI証券の違いとして、まず積立したときのポイント付与がある

この部分は、楽天証券の方が0.5%有利

その後、毎月保有していくとポイントが付与されるが、これはSBI証券の方が10倍くらい有利

ぱっと見だと、1年以上保有するならSBI証券の方が有利になる感じ

何ヶ月以上保有したらSBI証券の方が有利になるのか計算してみると、銘柄ごとに異なるものの、1-2年といったところ

上の表の一番右にある「保有月数」を超えると、SBI証券の方が有利になる

初回の積立金額に対する積立ポイントが、初回の積立金額に対する運用ポイントの差に追い抜かれる月数を算出した

投資信託の積立なので、普通は長期保有することを考えると、SBI証券をメインにする方がよさそうだ

裏技?の検証

が、ここで、楽天証券で積立してSBI証券に移管したらどうなの?と考えてみた

移管するときに出庫手数料として1銘柄3300円かかるようだ

なので、移管を前提に楽天証券で積立をすると、運用益がマイナス3300円から始まる

楽天証券の積立ポイントは、毎月5万円の積立てた場合、SBI証券より毎月250ポイント多く付与されるが、これは初回のみ付与されるもの

運用ポイントはSBI証券の方が有利で、これは毎月付与されるもの

そう考えると、毎回の積立額5万円に関して言えば、楽天証券はどうしてもSBI証券より(250円-3300円-銘柄ごとの運用ポイントの付与率の差×運用額)の分だけ不利になる

逆に言うと、最初からSBI証券で積立した場合、移管は必要ないため、(銘柄ごとの運用ポイントの付与率の差×運用額-250円)の分だけ有利ということになる

シミュレーション

では、SBI証券で長期保有するにしても、どのくらいの期間が必要なのか、どのくらい有利なのか、をシミュレーションしてみる

まず、管理費用が最安のeMaxisSlim米国株式(S&P500)

比較を単純化するため、管理費用と運用成績は無視して、積立ポイントと運用ポイントだけを比較した

ポイントを含めて毎月5万円分を積立てていくと、どのくらいのポイントが累積されるのかを試算した

ちなみに、SBI証券の積立ポイントはVポイントをTポイントに交換してから再投資することとし、1ヵ月おきに400ポイントを使用する

運用ポイントはTポイントなので、毎月使用する

積立37ヵ月目で、SBI証券の方が有利になる

この時点で、185万円の積立額のうち、約20000円分がポイントの積立になっている

ポイントだけで1.07%の利益に相当する

SBI証券の方が運用ポイントが有利なので、当然ながら、積立期間が長くなるほどSBI証券の方がアドバンテージを伸ばしていく

120ヵ月目には、ポイントだけで2.69%の利益になる(楽天証券だと1.24%で、差額は約8.3万円相当)

360ヵ月目には、7.65%の利益(楽天証券だと1.75%で、差額は約97万円相当)

そこまでポイントプログラムが維持されれば、の話だが

次に、管理費用が2番目に安いeMaxisSlim先進国株式インデックスも見てみる

eMaxisSlim先進国株式インデックスの累積ポイント数のグラフ

34ヵ月目にSBI証券が有利になる

この時点で1.05%のポイント率

これ以降、SBI証券のアドバンテージは伸びていく

120ヵ月目には、2.86%のポイント率(楽天証券だと1.24%で、差額は約9.2万円相当)

360ヵ月目には、8.22%のポイント率(楽天証券だと1.75%で、差額は約105万円相当)

結論

という訳で、楽天証券とSBI証券のどちらか1社だけで投資信託のクレカ積立をする場合、SBI証券の方が有利という結果になった

3年以上の長期保有ならSBI証券でeMaxisシリーズの積立を毎月5万円するのがよさそうだ

10年で10万円分、30年で100万円の差がつく

ちなみに、SBI証券では運用ポイントの付与率が銘柄ごとに異なるが、管理費用から運用ポイントを引いた比率も、eMaxisシリーズが最安になっている

eMaxis米国株とSBI-SP500で迷うところだが、管理費用から運用ポイントを引いた比率はeMaxis米国株の方がやっぱり有利

現時点での1年リターンも、シャープレシオも、eMaxis米国株の方が有利になってる

こうなると、とりあえずSBI証券でeMaxisシリーズを積立てておけばよさそうだ

ただし、資金がもっとある人は、SBI証券と楽天証券を併用すればよい

その場合は、2社で合わせて月10万円の積立になる