//Google Search Console用 新生銀行の外貨宅配サービスのコストは? | なまろぐ

新生銀行の外貨宅配サービスのコストは?

マネパ, 両替, 外貨キャッシュ, 宅配, 新生銀行, 両替, 外貨キャッシュ, 宅配, 新生銀行

マネパが空港外貨受け取りサービスを廃止したのを受けて、代替手段を探している

【重要】空港外貨受取サービス終了のお知らせ【マネーパートナーズ】 → 代替手段は?

新生銀行が外貨宅配サービスをやってるらしいので、とりあえず口座開設した

口座開設の申し込みから完了まで3週間かかった

おっそぉ

新生銀行はよく潰れないなぁ

早くSBIに買収された方がいい

今回、ようやく口座開設できたので、外貨宅配サービスが使えるかどうか、コストを試算してみる

外貨宅配サービスのホームページはこちら

外貨預金の口座にある外貨をキャッシュで宅配してくれるらしい

手数料と送料がかかるらしい

ということは、コストは、外貨預金のレートと手数料と送料、ということになる

マネパの外貨両替の今のドル買付けレートは1ドル=109.944円

新生銀行の外貨預金の今のドル買付けレートは1ドル=109.84円

レートは新生銀行の方がいいね

新生銀行の手数料と送料は、

1000ドルだと2500円(手数料1400円+送料1100円)

マネパの場合は空港受け取り手数料500円だった

外貨のキャッシュを手に入れるのに安く済む方法は?

1000ドルのキャッシュを手に入れるコストを比較すると、

マネパだと110,444円

新生銀行だと112,340円

新生銀行の方が2000円くらい高いか

まぁ、このくらいならアリだろう

ちなみに、トラベレックスの外貨宅配サービスだと、今のレートは1ドル=113.6477円とかなり法外

10万円以上は手数料と送料がかからないらしい

が、1000ドルだと113,647円となり、新生銀行より1300円くらい高くなる

ちなみに、大黒屋の外貨両替の今のレートは1ドル=111.83円

手数料はかからないらしいので、1000ドルだと111,830円となり、新生銀行より500円安くなる

ただし、店舗によりレートが異なる場合があるらしいのと、店舗に外貨キャッシュの在庫がない場合がある

店舗に確認してから交通費をかけて店舗に行くことを考えると、徒歩圏内の近所に店舗がない限りは割に合わない

そうなると、今後は新生銀行を使うことになるかな