//Google Search Console用 アスペルガー症候群とカサンドラ症候群 | なまろぐ

アスペルガー症候群とカサンドラ症候群

健康アスペルガー症候群, カサンドラ症候群, 母親, 父親, 認知症健康, カサンドラ症候群, 母親, 父親, 認知症

おれはパーソナリティ障害ではないのかもしれない

うちの母親は認知症だと思ってたが、あれはアスペルガーなのかもしれない

上のリンク先に出てくる出来事が、そのままおれにもある

高校生のときに毎日弁当だったのだが、あるとき友達に、変わった弁当だね、と言われた

考えたこともなかったが、友達の弁当を気にして見てみると、うちの弁当とは全然違う

うちの弁当は、ご飯にコロッケ2個、とか、ご飯に餃子、とか

それに気づいてからは、おにぎりだけにしてもらった

それはそれで、変わってるよね、とは言われてたが、今日はコロッケなのか餃子なのかビクビクするよりは気楽だった

おれは小学生のときから神経質で、学校に行くのがすごく嫌だった

今思えば、先生と合わない、のが理由だったと思う

ある時期、毎朝、お腹が痛いから学校に行きたくない、と言ってた

親に無理やり出されて学校に行ってたが、ある朝はほんとにお腹が痛かった

うちの親もさすがに病院につれてってくれて、診断結果は盲腸、いわゆる急性虫垂炎

その日のうちに手術をして、1週間、入院した

今までそんな話は笑い話にしかしてなかったが、さっきのリンク先の話を読んで、うちの親はアスペルガー症候群なのかも、と思うようになった

うちの父親も変だった

何を言っても、怒るだけで、ちゃんと話をしたことはなかった

その癖に、なにをしても文句を言われた

おれは父親が苦手だったので、大学から家を出た

たまに会うことはあったが、まともに話をすることなく去年死んだ

変な人だったなぁ、と思ってた

でも、大人になると、変な人は世の中にいっぱいいることくらい分かる

自分の親が変な人なのは、そんなこともあるのか、と思ってた

でも、母親がアスペルガーで、父親がカサンドラ症候群だとしたら、そう考えたら納得できる

アスペルガーの人の周りにいる人は、大変だ

アスペルガーの人は自分が正しいと思ってる

なにをしても謝らないし、相手のせいにする

周りの人がまともなら、自分が悪いのかも、と思ってしまう

そうやっておかしくなるのが、カサンドラ症候群らしい

カサンドラ症候群は、パーソナリティ障害にも見えるらしい

難しいことはわからないが、そうかもしれない、とは思う

おれは、父親も自分もパーソナリティ障害だと思ってたが、カサンドラ症候群だったのかもしれない

母親は、認知症ではなく、アスペルガーなのだ

母親は、天然みたいなところはあるが、記憶力はある

判断力もないことはなく、1人でちゃんと暮らしいる

しかし、だれも近寄らない

たまに会うと、いろんな人の悪口をずっと言ってる

しかし、それも事実かどうか分からない

遠く離れて会ってもない人の話ばっかりしてるし、もう死んだ父親の話も、知らなかった話がどんどん出てくる

妄想、被害妄想かもしれない

認知症かと思ってたが、昔からそうなのかもしれない

父親が生きてたときは、父親がそれを聞いてたから、おれには話を聞く機会がなかっただけなのかもしれない

父親がいなくなって変な話をするようになったと思ってたが、それは違って、父親にしてた話をおれにするようになっただけなのかもしれない

死ぬまで母親には会わないようにしようと思う