//Google Search Console用 1000万円超の金額を住信SBIネット銀行からSBI証券の口座に移す方法 | なまろぐ

1000万円超の金額を住信SBIネット銀行からSBI証券の口座に移す方法

2020年11月30日投資SBI証券, ハイブリッド口座, 住信SBIネット銀行投資, ハイブリッド口座, 住信SBIネット銀行

銀行口座に置いてある資産は1000万円まで保護される

万が一に銀行が潰れた場合、銀行に置いてある1000万円を超える資産は保護されない

そのため、1000万円以上の資産がある場合は、複数の銀行に分散させる必要がある

しかし、信用できる銀行は少ない

信用金庫は危ない

地銀も危ない

都市銀行も信用できない

ゆうちょ銀行も信用できない

じゃあ、どうすりゃいいんだ!

となるが、実は証券会社の口座に置いておく、という裏技がある

ちゃんとした証券会社なら、顧客資産は分別管理されている

そのため、証券会社が潰れても資産は保護される

というわけで、今回、一部の資産をSBI証券に移そうとした

だが、なぜか住信SBIネット銀行のハイブリッド口座に自動で移されてしまった

何故か分からないが、SBI証券の現金口座に資産を移せないのだ

訳が分からないので、問い合わせしてみた

そしたら、やり方が分かった

SBI証券のサイトから、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金残高の上限を設定するらしい

そうすると、上限を超える金額は、自動的にSBI証券の口座に移される、という仕組みのようだ

なんでこんな仕組みにしてるのか、よく分からんが、まあ、しかたない、やってみるか

SBI証券のWEBサイト>「口座管理」>「お客さま情報 設定・変更」>「お取引関連・口座情報」

住信SBIネット銀行の普通口座とハイブリッド口座の合計が1000万円以下になるように、ハイブリッド預金残高の上限を800万円に設定した

毎営業日15時締切で、翌営業日付から適用される、とのこと

こうすることで、800万円を超えるハイブリッド口座の金額が、SBI証券の現金口座に移される

この設定をしてない場合、もしSBIネット銀行からSBI証券に即時入金しても、数日したらSBIネット銀行のハイブリッド口座にお金が戻ってきてしまう

この設定をしておけば、SBIネット銀行の普通口座からハイブリッド口座にお金を移した際に、設定した上限金額を超えた金額は自動的にSBI証券に振替される

なんとも分かりにくい仕組みだが、これを使えば1000万円以上の金額を保護できるようになる