//Google Search Console用 dmmは外国株の手数料が無料らしいが | なまろぐ

dmmは外国株の手数料が無料らしいが

投資dmm証券, SBI証券, アメリカ株, 外国株, 手数料, , 米株投資, SBI証券, アメリカ株, 外国株, 手数料, , 米株

おれはSBI証券で株やってるんだが

国内株は手数料が安く、今後は無料になるとかならないとか言ってて、満足度は高い

でも、アメリカ株の手数料が高くて、頻繁に取引できない

そしたら、dmmは外国株の手数料が無料らしい

無料?どうやって利益だすんだ?

普通に考えると、為替スプレッドで利益を出すんだろうと思う

調べてみた

案の定、スプレッドが広いらしい

この記事によると、SBIのスプレッドは25銭だが、dmmは50銭らしい

SBIの手数料は、片道0-20ドルの0.45%

SBIのスプレッドが25銭、dmmのスプレッドが50銭とすると、

1ドル=100円なら、投資額80万円までならdmmの方が安く取引できる

1ドル=110円なら、投資額97万円までならdmmの方が安く取引できる

1ドル=120円なら、投資額115万円までならdmmの方が安く取引できる

あれ?でも、SBI証券のスプレッドは、SBI銀行を使うと狭くできる、だったな

これな

あれ?SBI銀行のスプレッドはたった6銭じゃないか

それだったら、SBIの方が確実に安く取引できるなぁ

念の為にSBI銀行のスプレッドを確認してみると、4銭だった

これなら確実にSBI証券の方が安く取引できる

ちなみに、SBI銀行のスプレッドを仮に5銭とすると、

1ドル=100円なら、投資額44万円までならdmmの方が安く取引できる

1ドル=110円なら、投資額54万円までならdmmの方が安く取引できる

1ドル=120円なら、投資額64万円までならdmmの方が安く取引できる

投資額が少ないほどdmmの方が有利だが、その差額はせいぜい500円

逆に、SBIは投資額が大きいほど有利で、投資額が大きくなるほど、どんどん差額も大きくなる

これは、SBIの手数料に上限額がある一方、dmmのスプレッドは上限額がないことによる

結局、40万円程度の投資しかしない人ならdmm、50万円以上の投資がメインの人はSBI、ということになる

しかし、dmmのスプレッドがもっと狭いなら、話は別

実際のスプレッドを確認してないので、これは今のところなんとも言えない

とりあえずSBIで継続、ということにしておく

ビジネスモデルとしては、大口投資家に有利なSBIの方が優れてると言うのは言えるだろう

dmmはスプレッド勝負しかできないビジネスモデルだからね

今後、ほかの部分で収益を上げれるようになれば話は別だが

あと、SBIは決済金額をドルのまま保有出来るが、dmmは円決済らしい

dmmは、為替に無頓着なユーザーをターゲットにしてる、ってことか

株は上がってるけどドル安のときに、株の決済がしにくくなるね

これはけっこう困るかもな

ナンピンして積み立てた株は、いずれは一括決済するだろうから、そのときに広めのスプレッドで強制的に円決済されたら、けっこう痛い気がする