//Google Search Console用 バイセル(BUYSELL)には買取を頼まない方がいい | なまろぐ

バイセル(BUYSELL)には買取を頼まない方がいい

買い物BUYSELL, ウィーン, バイセル, 査定, 買取, 金貨買い物, ウィーン, バイセル, 査定, 買取, 金貨

テレビでよくCMをやってるバイセルに、金貨の査定をしてもらった

金貨

査定してもらったのはこの金貨

ウィーン・フィルハーモニーの1オンス金貨

6枚ある

発行年は、

・1994年が1枚

・2009年が1枚

・2012年が2枚

・2013年が2枚

買ったところ

金貨は、田中貴金属で買った

6枚でだいたい90万円ほど

田中貴金属では、プレミアムを廃止するらしい

田中貴金属の相場

たなみに、今日の田中貴金属の販売価格は、税込小売価格182,611 円とのこと

買取価格は、プレミアム有だと167,391 円、プレミアム無だと159,439 円とのこと

もし今日、田中貴金属にいけば、6枚で95万円くらいになる、ということか

手数料とかは引かれるだろうが

バイセルの査定員

さて、バイセルの査定額はいかに

前日にコールセンターに電話したところ、今日の0900-1000に訪問します、とのこと

若い男性の査定員がきて、査定してくれた

査定をしながら、こちらの事情にいろいろ探りが入る

どこで買ったか?

なぜ売りたいのか?

他にも査定したか?

なにも知らない体で適当に聞き流す

バイセルの査定額

査定額は、6枚でだいたい50万円、とのこと

へ?まじ?

安すぎじゃね?

「そのくらいだとどうですか?」と聞かれたが、金額ざっくりすぎじゃね?

査定結果表とかくれないのね

中国の業者にもスマホで見積り依頼してたが、60万円は難しい、とのこと

田中貴金属の2/3の金額で「どうですか?」もないだろうに

じゃあ今回はやめます、と言うと、しばらくいろいろ言われたが、また気が変わったらお願いします、とのこと

分かったこと

今回分かったのは、バイセルはできるだけ安く買い叩くために、即日訪問、現金買取をしてるようだ

査定員は、おそらく、安く買い叩けば買い叩くほど、自分の成績が上がる仕組みのようだ

査定の間、こちらの状況や事情をいろいろ聞かれたが、こちらはなにも知らない体で「へー」と言って聞いていた

そのため向こうも「これは安く買い叩けるな」と踏んだのかもしれない

相手の状況を見て、臨機応変に買い叩いている可能性はある

考えてみれば、あれだけテレビでCMをして、人件費をかけて訪問買取してるんだから、ただの転売ビジネスで利益を上げようとすれば、やっぱり買い叩くしか選択肢がないわけだ

おそらくそれを中国など海外に売り飛ばすんだろう

いずれにしても、バイセルに買取を頼まない方がいい、というのは分かった

次は田中貴金属で買取を依頼してみようと思う