//Google Search Console用 China unicom HKのSIMカード(東南亜/東南アジア周遊)でトップアップ/リチャージしてみたが | なまろぐ

China unicom HKのSIMカード(東南亜/東南アジア周遊)でトップアップ/リチャージしてみたが

2019年4月26日SIMカード, タイ, トップアップ, リチャージ, タイ, トップアップ, リチャージ

今回、タイとカンボジアに行くので、良さげなSIMカードがないかAmazonで探してたら、やっぱりあった

東南アジアを網羅する便利なSIMカード

中国に行くときによくお世話になったChina unicom HKのSIMカード

なので、品質は大丈夫だろう

しかもなんと、香港・マカオ・シンガポール・タイ・マレーシア・ラオス・インドネシア・フィリピン・カンボジア・ベトナム・ミャンマーで使えるらしい

へぇ〜

世の中、便利になったもんだ

遅れてるのは相変わらず日本だけ

8日間で3GBまでLTEを使えて、テザリングも可能

タイで買うよりお得

ネットで調べたら、タイのSIMは8日間で300バーツらしい

となると、Amazonで事前に買った方が安くなる

2枚買うと少しお得

しかも、2枚買うと少し割安になるので、2人いるとお得

という訳で、今回はこのSIMを日本で買って持ってきた

しかし、2週間の旅程なので、途中でトップアップが必須になる

ものは試しで、トップアップもやってみる前提で購入した

アクティベートする

ドンムアン空港について、まずはSIMをアクティベートした

やり方はすごく簡単

SIMカードを入れてスマホを起動して、データローミングをONにするだけ

手順書も同封されてて、APN設定しろとか書いてあったが、しなくても繋がった

不安な人は手順書を見ればいいだろう

トップアップする

トップアップは、まずここにアクセスする

当然ながら、SIMでネットに繋いでおく

「Top-up」をタップする

すると、国を選択して、番号を入力する画面になる

国は「Hong Kong」

番号は、SIMをアクティベートしたときに来たSMSに書いてあった電話番号

852から始まる番号の852以外の数字を入れる

「Top-up now」をタップする

支払い方法を選択する画面になるので、「VISA」を選択して、「Recharge」をタップする

すると、あれ?

「この番号ではリチャージできない」とか言ってるんだけど

あべし!

まさかの展開

念のため確認

しかし、諦めずにさらに調べる

そしたら、なんと、ホームページに「トップアップできません」と書いてあるジャマイカ

うぐぐ。。

トップアップできないSIMなんてただのSIMだろ、くそっ

まぁ

仕方ない

今回は諦めて、カンボジアで安いSIM買うか

これ↓

ちなみに

このSIM、Grabも使えなかった

データ専用なので電話番号を認識しなかったようだ

ちっ

もう買わね