//Google Search Console用 東芝エアコンのリモコンWH-D1Pを分解して修理した | なまろぐ

東芝エアコンのリモコンWH-D1Pを分解して修理した

2019年3月29日家電エアコン, リモコン, 修理, 東芝家電, リモコン, 修理, 東芝

エアコンのリモコンの効きが悪くなってたので、いつもの手段で修理した

準備

使うのはこれだけ

リモコンを開ける

とりあえずリモコンを開ける

初めて開けるリモコンなので、どこをどうすればいいかわからんが、とりあえずマイナスドライバーを側面の隙間に入れて開ける

開けるとこんな感じ

右側に写ってる裏蓋側の左右に爪が合計4ヶ所あった

今度からはここをマイナスドライバーで狙えば楽に開くはず

リモコンを分解する

基盤はネジでとめられてたが、簡単にはずせる

こんな感じ

プラスのネジが4ヶ所あった

アルミテープで補強する

ボタンのゴムシートの裏側に、いつものようにアルミテープを小さく切ったものを貼り付けていく

細かい作業なので、ルーペメガネをかけて作業する

これね↓

ハズキルーペ(Hazuki Loupe)とビッグビジョン(Big Vision)

年々、細かい作業はこれなしではできなくなるな

アルミテープを貼り付けたらこんな感じ

ここまでやればもう完璧

新品並に効きが良くなるはず

組み立てる

最後にリモコンを組み立てて完了