//Google Search Console用 Let's note CF-NX1GDHYSをwin10にしてみた | なまろぐ

Let's note CF-NX1GDHYSをwin10にしてみた

PCPC

まず、メディア作成プログラムからWin10のクリーンインストールをしてみたが、ドライバがいくつかだめだった
ディスプレイ、キーボード、ネットワークあたりが不具合あり
さらにネットに繋がってるのにwindows updateができないのが致命的だった
たぶんドライバが合わないんだろうと推測
(これがあとでえらい問題になろうとは)
デバイスマネージャーをみると、5こくらいのデバイスでドライバが合ってない様子
とりあえずWSUS Offline Updateを使ってみたが、不具合は治らなかった
win7であるようなwindows更新プログラムの問題じゃなくて、やっぱりパナソニックのドライバの問題だろうと結論付けた
我慢して使おうにも、windows updateできないんじゃ使い物にならない
というわけで、Win7リカバリしてからwin10にすることにした
それならドライバはちゃんと当てられるはず
まず、リカバリ領域からwin7に戻す
これは問題なし
そしてメディア作成プログラムから「このPCをwin10にする」をした
「ディスプレイのドライバが対応してないからあとで手動更新しろよ」とでた
あと「Intel(R) Dynamic Power Performance Managementのドライバをアンインストールしろ」とでた
これが噂のやつか
ネットでみると、win8のドライバをいれてからwin10更新を開始するといいらしい
パナソニックのサイトからwin8のドライバをダウンロードして当てた
Intel Dynamic Platform and Thermal Framework、という名前のやつを入れてみた
再起動してから、再びwin10アップグレードを開始する
そしたら、アップデートできた
Windowsのライセンスキーは、PCの裏に貼ってあるシールに書いてあるプロダクトキーでOKだった
設定とか進めていくとwin10が起動できたが、デバイスマネージャーをみるとやっぱりドライバが合ってないみたい
仕方ないのでまたさっきのパナソニックのサイトでwin8用のドライバをダウンロードして、今度は全部当ててみた
全部やってみたが、失敗したりうまくできないのがいくつかあった
終わったあとにデバイスマネージャーを見てみると、やっぱり4つくらいドライバがあってない
調べてみると、パナソニックがWin8に更新する際にドライバを更新してくれるアプリを提供していたので、これで再度ドライバを更新してみる
このプログラムを実行してみると、.Net Framework 3.5をインストールしろ、と言われた
インストールするボタンが表示されてたのでクリックすると、うまくできませんでした、と表示された
どうもWindows Updateがエラーになるから、らしい
0x80072f8f
うーむ
堂々巡りだなこりゃ
調べてみると、ルート証明書を更新するとWindows Updateができるようになるらしい
ルート証明書の更新はこの方法でできた
再度、OS更新サポートユーティリティを実行する
むー
やっぱりできない
仕方ないので.Net,frameworkを個別にインストールしてみる
msのサイトからダウンロードしてインストールしてみるも、やはり0x80072f8f
msってほんとバカだな
windows updateできないから個別にダウンロードしてるのに
仕方ないので、最後の手段
win7→win8→win10とやってみることにする
というわけで、またwin7のリカバリから始める
win8は、ネットでkb2919355を探してタウンロード
ダウンロードして実行すると、モジュールインストーラーを更新しろ、と言われた
表示されてたリンクからmin7 64bit用をダウンロードする
kb253352
インストールして、再起動
モジュールインストーラーを更新しろとまた出た
なんだこれ
無限ループかよ
しかたない
今度はwin7のリカバリした後で、更新プログラムを全部あててからwin10にしてみるか
win7リカバリからまたやる
windows updateを全部あてる
最初にやった方法でwin10にする
いくつかのドライバが合ってないようだが、ここまでは問題なし
さて、ここからが問題だ
windows updateができないので、パナソニックのOS更新ユーティリティもできない
0x80072f8f
というエラーがでる
あれこれ手をつくしてみたが、けっきょくここでつまずいてしまった
この問題をクリアしない限り、nx1をwin10にアップデートできないのか
しかたない
今度はhddをまっさらにしてから、win10をクリーンインストールしてみるか
と思ってやってみた
「このPCをwin10にする」の際にはメディア作成プログラムはusbから起動したが、「別のPCにwin10を入れる」際にもusbから起動したら、usbが使えなくなった
フォーマットできない
なんだよ
この方法で物理フォーマットしたら、治った
メディア作成プログラムは、インストーラーを入れるusbを1度フォーマットするみたいで、要するに自分をフォーマットしちゃったわけだ
というわけで、PCのローカルからメディア作成プログラムを起動して、usbにインストーラーを入れたら、ちゃんとできた
そしてwin10をクリーンインストールしたわけだが、やっぱりwindows updateでエラーが出た
うーむ
しかたないので、解決策を探してひたすらGoogle先生に質問する
そしたら、あった!
Windows Updateに「更新サービスに接続できませんでした」エラーでアップデートできない不具合と対策について

Windows Updateに「更新サービスに接続できませんでした」エラーでアップデートできない不具合と対策について


この記事、なんと2019年2月2日に書かれてる
よく読んでみると、なんとこの不具合は最近起こってるものらしい
まじかよ
windows updateのサーバかなにかの問題で、うまく接続できなくなってるらしい
PCの設定を変更したら接続できるようになるらしい
ぐへー
マイクロソフトはほんとクソだな
おれはこの不具合のせいで3日も無駄にした
まぁいいや
とりあえず記事の通りにDNSサーバを変更したら、おぉ!windows updateできた!
ついでに、パナソニックのOS更新ユーティリティも実行してみると、できた!
再起動すると、画面の解像度がちゃんと表示された
でも、OS更新ユーティリティはインストールできただけだった
実行してみると、「このOSではダメです」と言われた
けっきょく使えねえのか
しかたないので、win8用のドライバを個別に入れる
道のりは長いなぁ。。
デバイスマネージャーをみると、!が2個出てた
Intel Dynamic Platform and Thermal Frameworkを入れたら、1こ消えた
もう1つは、ven8086となっていてインテルなのはわかるがどのデバイスか分からないので、インテル・ドライバ&サポート・アシスタントをいれてみた
しかしこれを実行しても、更新はないよ、と言われた
よく分からんので、インテル® PROSet/Wirelessを入れた
デバイスマネージャーをみても、これじゃなかったらしい
しばらくしたら、Wi-Fiが繋がらなくなった
更にしばらくしたら、PCがフリーズした
自動で再起動して、Wi-Fiが繋がるようになった
今度はワイヤレスwanソフトウェアを入れてみた
これでもないらしい
無線切り替えユーティリティを入れてみた
これでもない
Bluetoothをいれたてみた
ちがうらしい
ここで、またWi-Fiが繋がらなくなった
再起動しても治らない
しかたないので、新しく入れた更新をアンインストールする
でもWi-Fiは治らない
ネットなしで設定を続ける
!が付いたデバイスを調べてみると、インテルのチップセットとのこと

いろいろ探してみるも、ドライバがみつからない
とりあえずこのデバイスだけドライバなしで運用してみることにした
けっきょく、windows updateのよくわからない不具合が原因だった
もしこれがなければ、win7→win10と普通にアップデートできたわけだ
ますますマイクロソフトが嫌いになった

PCPC