//Google Search Console用 スリランカでキャッシング手数料が無料の銀行を調べてみた | なまろぐ

スリランカでキャッシング手数料が無料の銀行を調べてみた

スリランカ旅行中にいろんな銀行でキャッシングを手数料を調べてみた
キャッシングに使ったクレジットカードは、OMCのJIYUDAカードのMaster Card
年会費が無料で、ネットで返済が完結するので、どの国に行ってもこれでキャッシングをしている
ネットで返済ができると、金利がほとんどかからないため、格安で現地通貨を手に入れることができる
現金で両替をしてる人は、両替レートのスプレッドや両替手数料で、かなり損をしているはず
クレジットカードのキャッシングを、ぜひ検討してみて欲しい
まずはコロンボ空港でATMをチェック
規制区域からロビーに出て左に行くと、ATMが並んでるところがある
Commercial Bank→手数料400Rs
Bank of Ceylon→手数料の表示なし
というわけで、この時はBOCで15,000Rsキャッシングをした
3日後にネットで返済をしたところ、
10,404 円+利息:15 円=10,419 円
だった
1Rs=0.6936円のレートになる
Googleでレートを検索すると、1 LKR=0.69300 JPYとのこと
もし手数料が100円かかっていたとしたら、レートは0.7を超えてくるはず
BOCはキャッシング手数料がかからないと見てよさそうだ
次に、アヌラーダプラで調べてみた
Sampath Bank→手数料300Rsと表示された
Commercial Bank→手数料400Rsと表示された
SD Bank→カードが拒否された
People’s Bank→手数料の表示はなし
People’s Bankで20,000Rsキャッシングしてみた
5日後にネットで返済したところ
13,892 円+利息:34 円=13,926 円
1Rs=0.6946円の計算になる
People’s Bankも手数料がかからないと見てよさそうだ
というわけで、Bank of CeylonとPeople’s BankはMasterだとキャッシング手数料が無料なのが分かった
どちらの銀行もたいていの街にあるので、かなり便利
ちなみに、OMCカードが使えなかった場合に備えて、楽天ゴールドカードのMaster CardとLIFEカードのVISAも持っている
楽天カードは電話で返済申請ができるし、ゴールドだと年会費10,000円だけでPriority Passを持てる
電話は、Smartalkを使ってるので、SIMカードかWi-Fiがあれば海外からでも返済が可能
LIFEカードはネットで返済できないので、予備の予備
どうしても外貨の現金が必要な場合は、マネパカードで国内で両替しておく
最低限度のドル現金は常に持っている
日本円は持たない
自宅から空港までの移動や食事は、交通系ICカードとクレジットカードでどうにかする