//Google Search Console用 琉球八社を巡る旅:波上宮と沖宮 | なまろぐ

琉球八社を巡る旅:波上宮と沖宮

今日は波上宮に行く
余裕があれば沖宮にも行きたい
宿を出る前に、17日の奄美大島から出るフェリーを予約した
ネットで予約出来なかったのでメールで問い合わせをしてたのだが、なぜか電話でしか予約できないということだった
マリックスライン
099-225-1551
宿を出ると外は暑かった
くもりだと風が冷たくて寒いが、晴れると暑い
高良食堂で腹ごしらえ
そばセット(カツ丼)600円
普通より多めのカツ丼に、普通の沖縄そば
ボリュームはかなりある
そしてここの三枚肉、かなりうまい
このそばが300はやばいだろ
Googleマップを見ると対馬丸記念館というのが近くにあったので行ってみる
が、有料だったからスルー
近くのマックスバリュで飲み物を買おうとしたが、高めだったのでやめておく
龍柱というのを見る
中国・福州との友好らしい
中国お得意の真新しいコンクリート彫刻
龍の形の柱が2本たってる
中国共産党の金でたてたのだろうか
不屈館というのがあったので行ってみる
ここも有料だったからスルー
ゆーちぬさち址
昔ここに岬や拝所があったらしい
米軍の接収や埋立でなくなったが、今は拝所が作られている
朝から掃除してる人がいた
沖縄では拝所がほんとに大事にされてて、どこにいっても誰かがちゃんと掃除してる
波上宮を目指して歩いていくと、急にビーチが目の前に現れた
波の上ビーチ
きれーい
素直に感動する
やっぱ沖縄いいわ
目が覚めるような青い海
ビーチの上に琉球八社・波上宮(なみのうえぐう)が建ってる
なかなかない景色
おとぎ話にありそうな景色
橋の上から写真をとりながら、回り道をして波上宮に行く
橋からの見る波上宮は美しい
絵になる
しかし境内は中国人だらけ
昭和天皇の碑がたってた
なぜか隣には明治天皇の御誓文
裏の展望台を回って、護国寺へ
新しそうな建物
寺を出て南へ行くと、隣には久米至聖廟(旧)
台湾式の廟
敷地内に具志頭親方・名護頭親方と書いた墓がたっている
少し歩いて辻遊郭開祖之墓へ
遊郭の開祖の墓が4つ並ぶ
ウミチルヌメー
マカドカニヌメー
ウトゥダルヌメー
うないみやびらぬ里
周りは風俗街のようで、無料案内所がたくさんある
昼から無料案内所のおばちゃんに声かけられた
暑いので自販機でさんぴん茶100円を買う
宿に戻る途中、ファミマのATMでめんそーれって言われた
5万円おろす
台湾式の廟がまたあったのでのぞくと、孔子廟だった
真新しい
久米至聖廟(新)、日本最南端の孔子廟らしい
これまた中国共産党から金でてそう
コンビニでオリオン麦職人の大200円を買って宿に戻る
しばし宿で休憩
ビールを飲んで昼寝
夕方ごろ、沖宮を見に出かける
歩いて沖縄県護国神社・一の鳥居へ
鳥居をくぐると運動公園になってて、奥に行くと護国神社があった
脇の道を奥に行くと、改租記念碑というのがあった
沖縄の地租改正をした奈良原という人の説明書きがあった
銅像はなしく、宇天良長老がたっていた
すぐ近くに天主大御神
この神様はあちこちで会う
坂を降りると琉球八社・沖宮があったが、隣が工場中?でお宮にもカバーがかけられてた
巫女は女性だけのよう
店じまいを始めたところだった
裏にもお宮があるそうなので、社務所の前を通って奥に行く
階段を登ると、なにやらいくつか祠がある
一番上のやつが天受久女竜宮王御神かな
天燈山御嶽というのは、その下の天照大神かな
細い道を下っていくと、弁財天があった
隣が茶屋になってるよう
Googleマップでは天燈山御嶽の画像に弁財天の写真がのってたが、たぶん間違いだろう
一通り見て、夕飯
近くの最強食堂・那覇大橋店へ
Aランチ580円
食券を渡して、カウンターの上にある番号札をとる仕組みらしい
Aランチは、とんかつ、ポーク卵焼き、キャベツ、ライス、味噌汁、漬物
驚くほどの大盛りではない
味は大学生協食堂という感じ
とんかつは硬い
全体的にしょっぱい
那覇は安うま食堂がいっぱいあるので、最強食堂は行かなくていいだろう
歩いて宿に帰る
かねひで
オリオン贅沢気分100円
サーターアンダギー・キャラメル風味80円
さんぴん茶45円
スーパーのサーターアンダギーがなにげにうまくて癖になる
今日も宿はゲストハウス海風
¥1890、Booking.com
箱がでかいのでだいたい予約できるからけっきょくここに泊まることになる