//Google Search Console用 コインチェック、ついに社長逮捕へ | なまろぐ

コインチェック、ついに社長逮捕へ

投資投資

警視庁がコインチェック社長・和田晃一良の逮捕に動き出したとのこと
「コインチェック社長」だけでも逮捕したい「警視庁」100人の捜査態勢
容疑は改正資金決済法の違反
具体的には、かねてから噂されていた通り、顧客資金の分別管理をしていなかったこと
そうなるとコインチェックが破綻してしまうのではないか?と思う人が大半だろう
しかし、金融庁はコインチェックの破綻は断固回避の方針
警視庁と金融庁はすでに話をつけていて、警視庁としては社長逮捕を手柄にし、金融庁としてはコインチェック継続をアピールする方針だろう
例えば、あのライブドア事件ではどうだっただろうか
ライブドア事件
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ライブドア事件
証券取引法の違反(風説の流布、有価証券報告書の虚偽記載という、いわゆる粉飾決算)で、社長と取締役の7名に有罪判決が下されている
2006年の頭に逮捕され、有罪が確定したのは2011年
裁判には5年かかった
しかしこの事件後もライブドアは事業を継続している
以上は刑事事件の話だが、刑事起訴後に民事訴訟も起こされた
ライブドア、被害弁護団が株主に説明会
民事訴訟では、社長・取締役に損害賠償金の支払いが命じられた
ライブドア株主訴訟、堀江元社長らに76億円賠償命じる
今回のコインチェック事件についても、同じような流れになるのが予想される
損害賠償金が欲しい人は集団訴訟に参加しておいた方がよいだろう
コインチェック、被害者を諦めさせる仕掛けが満載

コインチェック、被害者を諦めさせる仕掛けが満載


コインチェック集団訴訟はとりあえず参加した方がよい、ただし下落分の損害賠償請求をしないと意味なし

コインチェック集団訴訟はとりあえず参加した方がよい、ただし下落分の損害賠償請求をしないと意味なし


コインチェックから仮想通貨と損害を取り戻そう

コインチェックから仮想通貨と損害を取り戻そう

投資投資