//Google Search Console用 遼寧/福建/浙江を巡る旅:東京へ帰る | なまろぐ

遼寧/福建/浙江を巡る旅:東京へ帰る

バニラ航空, 成田, 深セン, 香港, 成田, 深セン, 香港

今日は香港から日本へ帰る
外は曇り、寒い
朝起きると、なぜか頭が痛い
昨日ゲームをやり過ぎたか
香港空港へ行くには、フェリーとバスとタクシーと鉄道があるらしい
昔、香港から広州へ行ったときは鉄道で行った気がする
今はもっと便利になってるに違いない
フェリーは高いようなので、バスかタクシーがよさそうだった
とりあえず深圳湾口岸へ行くことにする
m409路バスで深圳湾口岸へ、2元
バスはあまりないらしく、寒い中をけっこう待って、0745にバスに乗る
バスの中から街を歩く人の顔を見ると、中国っぽい人もいるが、香港ぽい人が多い
0810に深圳湾口岸に到着
バスを降りてすぐの环岛跨境旅客服务中心で香港までのチケットを買う
ネットで調べたところバスの方が安いようだったが
でも、バスはどこで買えるんだろう?
けっきょく分からなかった
チケット売り場で「シャンゴン、チーチャン」と言うと、150と言われる
払うとチケットくれた
あっちの方に行けと言われ、「香港」と書かれた方に歩いて行く
青い上着で首からカードをかけた人が手招きするのでついてくと、車のところに連れてかれる
別の係員にチケットを渡すと、半券を切られる
車に乗ると、運転手が入境カードと出境カードをくれた
記入してると、パスポートを出せ、と言われる
運転手にパスポートと入境出境カードを渡す
0820運転手をいれて8人で出発
後ろの席は2人
真ん中の席は3人
ぼく以外は中国人と香港人のようだ
チェックポストではパスポートと顔の確認がある
車の窓が開くので、呼ばれたら顔を出す
その後、健康検査のところでも窓が開いて、係員がガン型の体温計を向けてくるので顔を出す
その後また、パスポートと顔の確認があるので、呼ばれたら窓から顔を出す
運転手がシートベルト閉めろと言うのでしめる
高速にのるようだ
前からパスポートが手渡しで回ってきた
確認すると、3ヵ月後まで滞在できるよ、と書かれた紙切れがついてた
深センの出境スタンプはあるけど、香港の入境スタンプはなかった
0845高速に乗る
0925香港空港
あっという間
空港でタクシーを降りる
香港も寒い
建物に入ると、ここはターミナル1のようだった
下に降りて、クリスタルジェイドで朝食
坦々麺60HKD、小龍包39HKD、サービス料9.9HKD(10%)
クレカが使えるようなのでクレカで払う
やっぱり中国とは違うね
でも小龍包はやっぱり鼎泰豐の方がうまい
レジのところに英語でいろいろ書いてあった
営業時間は0630-2400とのこと
ラストオーダーは2330
お茶と水は8HKDだって
ドルとユーロと元が使えるらしい
ネットでレートを調べると1香港ドル=14.4638009円だった
あれ?RMBとHKDはペグしてないのか
飛行機にはまだ早いが、空港をぶらぶらする
チェックインカウンターは5階
メイソーを発見
モバイルバッテリー、アクセサリーはおいてなかった
イオンがやってるダイソーも発見
でも値段が日本の1.5倍以上もする
転売ビジネスだな
100円の商品を12HKD、300円の商品を35HKDで売ってる
でも客はほとんどいない
空港のトイレはきれいだった
紙も流せる
でも、給湯器がない
中国とは違う
なにもない空間があったので、なんだろうと思ってみてたら、喫煙所だった
めちゃ広くて笑った
飛行機は1615だったが、遅延とのこと
ひまで仕方ない
チェックインカウンターに荷物を測るのがあったので測ってみた
6.6kg、PCがないので今回はずいぶん軽い
自分をいれたら90kgだった、やばい
暇なのでスマホでゲームをやって時間をつぶす
しかし、充電するところがなく、探し回った
チェックインカウンターの奥の方にあったので、充電しながらぼーっとする
空港内が寒くて仕方がない
セブンイレブンでコーヒーを買う13HKD
暇をつぶしてると、SMSが来た
聯通香港:截至2018年01月09日, 閣下上網卡的數據用量已超過80%, 如需使用完畢後繼續使用數據服務, 可按指定金額往cuniq.com/tp 進行增值.查詢: +852 21221188 香港/ +86 13068400177 中國内地。
SIMのデータ容量がいっぱいになってきたらしい
試しにチャージできるかどうかURLにアクセスしたけど、やっぱり電話番号が必要だった
時間をつぶしてようやく昼時
レストランが急に混み出す
行列のお店もあった
どうにか時間をつぶして、ようやくチェックイン
セキュリティチェックを通って、モノレールで次の次の駅から205ゲートへ
ラウンジを探したが、プライオリティパスが使えるラウンジがターミナル2にはないとのこと
到着にはあるらしい
香港なのにラウンジがないなんて、びっくり
おなかが空いたが、ゲートの近くには何もない
仕方ないのでカフェの高いチキンチーズサンドイッチ21HKDを食べる
フードコートで食べてからくればよかった
ゲートでスマホを充電
香港の変なコンセントの形
USBのクチもあった
搭乗のアナウンスは広東語、英語、中国
1550にゲートが閉まると言われたが、時間になってもぜんぜん開く様子がない
香港15:40発の予定が、1600搭乗開始
アナウンスは日本語、中国語、広東語
バニラJW304
チケットの値段は¥12,820だった
運賃 ¥8,510
出国税 ¥1,740
空港建設費 ¥1,310
AIRPORT PASSENGER SECURITY CHARGE ¥660
支払い手数料大人 ¥600
成田20:40着の予定が遅れて2100到着
天気は晴れ、3度
やっぱり寒い