//Google Search Console用 コインチェック、バカのフリをし続ける理由 | なまろぐ

コインチェック、バカのフリをし続ける理由

投資投資

コインチェックがまた中身のない発表を出した
事業継続に係る一部報道につきまして
この発表、意味なくない?
そう思った人は、まともな人だろう
なるほど、少し安心した
そう思った人は、コインチェックの思うツボだ
コインチェックは、集団訴訟に加わる人少しでも減るように、この中身のない発表を出したのだから
一見するとバカ丸出しの無意味な発表だが、そうではない
計算の上で、バカのフリをして、わざわざこんな発表をしているのだ
このような発表を出すのには、コストはかからないし、どんなに時間がかかっても30分もあれば完了する作業だ
こんな対応で自分たちの損を減らせるのなら、いくらでもやるだろう
先日も、同じような手が打たれている
コインチェック、ユーザー登録を停止するも、なぜか発表しない不可解さ

コインチェック、ユーザー登録を停止するも、なぜか発表しない不可解さ


新しい内容はなにもない発表
しかし、巧妙にも、自分たちに都合の悪いことは最初からなかったことにしている
昔から政治家や企業経営者が常套手段としてきた手法だ
都合の悪いことをはぐらかし、大事なことから論点をそらすには、有効なやり方だ
喉元過ぎればなんとやら
風の噂もなんとやら
そう言えば少し前にも、業務改善命令を改ざんして発表したことがあった
コインチェックの本音

コインチェックの本音


この時はすぐにネットで話題となり、すぐに修正された
意図的に行ったのが明らかだ
時間稼ぎ、論点ずらし、証拠隠蔽、責任転嫁、罪から逃れるためにはどんな手でも使う
顧客保護なんて関係なし
自分が被害者なのにコインチェックの対応に少しでも安心感を感じている人は、騙されないように気をつけた方がいい
向こうには優秀な弁護士もついていれば、百戦錬磨の「株主」もいるのだから

投資投資