//Google Search Console用 コインチェックの利用規約にみる強欲な金満体質の実態 | なまろぐ

コインチェックの利用規約にみる強欲な金満体質の実態

投資投資

コインチェックの利用規約を分析している記事があった
コインチェックの利用規約をチェックしたら、通常あるはずのアレがなかった
この記事は一見シンプルな分析なのだが、その意義は絶大である
利用規約の話なのでいささかむずかし目ではあるが、下記のような指摘がなされている
簡単に言うと、
・コインチェックはBitFlyer社の規約をコピペしたようだ
・でも自らの免責を限定する条項を削除してしまった
・それにより消費者契約法で免責を無効化される可能性がでてしまっている
という内容だ
これでも分かりにくいと思うので、さらに簡単に言うと、
・欲をかいたために、自分の首を絞めるような利用規約になっている
ということだ
最初の記者会見を見たときは、なんとバカな経営陣かと思ったのだが、その後の訳の分からない補償宣言を聞いて「もしかしたらとてつもなく狡猾かも」と、かなり警戒心を抱いた
2018/01/26コインチェック社の記者会見(要旨)

2018/01/26コインチェック社の記者会見(要旨)


コインチェックのNEM補償方針

コインチェックのNEM補償方針


「金はないけど金のなる木を手放したくない」とばかりに、口からでまかせの補償を宣言してしまったためにに、金融庁のガサ入れを受けたのだと、ずっと思っていた
コインチェックの支払い能力の怪しさ

コインチェックの支払い能力の怪しさ


そして、若いだけに、金融庁にもたてつくくらい気概のある奴らだとも考えたこともあった
コインチェックの本音

コインチェックの本音


もしくは、実は超絶天才の黒幕がいるのではないかと疑ってみた
コインチェックの深い闇

コインチェックの深い闇


しかしやっぱり、ただの屁理屈だとも思ったこともあった
コインチェックの発表に、新たな屁理屈の予感しかしない件

コインチェックの発表に、新たな屁理屈の予感しかしない件


その一方で、計画的に資金を隠したり、
コインチェックが計画的に資金を隠した形跡

コインチェックが計画的に資金を隠した形跡


わざとバカ風の噂を流したり、
コインチェックの杜撰な実態

コインチェックの杜撰な実態


そんなこんなで、実は知能犯かもしれないと思うに至り、終いには、彼らの計画倒産のシナリオに金融庁を含めて世の中がマンマとはめられてるのではと思うに至った
コインチェック、計画倒産のシナリオ

コインチェック、計画倒産のシナリオ


しかし、冒頭の記事を読むにつけて、やはりおバカな人たちなのだという思いに立ち返らされるところになった
そう
利用規約をコピペして、しかも一番大事な
ところを、間違って削除してしまったのである
あれ?これってもしかして、あのときと同じじゃない?
と書きながら思ったのは、金融庁の業務改善命令の改ざん事件
コインチェックの本音

コインチェックの本音


まさにこれと同じなのか?
改ざんしたけど、すぐに元に戻した不可解な事件
そういえば、ぼくが会社で働いてたとき、部下が思いもよらないミスをやらかして唖然としたことが何回かあった
なんでわざわざそんなことするの?って思うことを、ナチュラルにやる人がいる
動機も目的も不明
たぶん本人も、なにがなんだかわからずにやってるんだろうと、今では思うが、そんな不思議な現象がコインチェック社のパラダイス・オフィスでは連日繰り返されてるのかもしれない
もしそうなら、Excelの話も事実なのかもしれないし、お金がないのに補償すると言ったことも頷ける
あの訳の分からん補償額も、実は本人達は自信を持って宣言した「ベスト・ソリューション」だったか
金融庁をわざと怒らせて、計画的ににガサ入れをさせたのではなく、素で怒らせちゃって、素で叱られたのか
しかし、うーむ
弁護士ついてるのに、ねぇ
いずれにしても、疑心暗鬼のループからはまだ抜け出せそうにない
彼らがただのバカの集まりであることを祈るばかりだ

投資投資