//Google Search Console用 遼寧/福建/浙江を巡る旅:三孔(孔庙・孔府・孔林)をブラブラ | なまろぐ

遼寧/福建/浙江を巡る旅:三孔(孔庙・孔府・孔林)をブラブラ

三孔, 世界遺産, 孔庙, 孔府, 孔林, 曲阜, 泰安, 世界遺産, 孔庙, 孔府, 孔林, 曲阜, 泰安

昨日泰山に登ったのですごい筋肉痛
人生で最悪の筋肉痛、すさまじい痛み。。。涙
今日は曲阜に移動して、孔廟(孔庙)に行く
0800に宿を出る
ロッカーの鍵をかえすと、デポジットは19元だったが20元返ってきた
38路バスで泰安站へ、2元
駅のチケット売り場でチケットを2まい受け取る
軍人優先窓口ですぐに受け取った
時間があったのでケンタで腹ごしらえ
豆漿トウチャン8.5元、小薯条シュウティアォ9元
ケンタはDecosよりかなり高め、コーヒーは18元もするらしい
10:40泰安発のG315
プレミアム席で曲阜東まで
59.5元+Ctripカード利用手数料2元
プレミアム席は一番後ろの車両の先っちょにあって、自動ドアで区切られた2列+1列の席
席は、日本の新幹線のグリーン車のような感じ
後ろの席だけ電源あり
座るとCAがお菓子の詰め合わせと水380mlを持ってきた
お菓子を食べようとあけてみたが、どれも食べる気が起きないような感じ
水だけ飲む
曲阜東に11:00着
曲阜東站でバスに乗り換える
改札を出て右に行くと渡り廊下があって、それを抜けると長距離バスのチケット売り場
チケット売り場をスルーして、セキュリティを抜けて候車室へ行くと、奥に公車の検票口があった
けっこうわかりにくい
1113検票口からk01路バスに乗る
1140孔府南門で降りる
曲阜は、泰安よりかなりあったかい
手を出してても感覚がなくなることはない
おばちゃんに手招きされたので神道路の食堂でランチ
メニューから肉絲麺を注文、12元
パクチーが入ってた
炸醤麺にしておけばよかった
夫婦で孔府豆腐をやたらと推してくる
この辺の名物のようだ
煎餅巻大葱も推してくる
商売熱心なことだ
泰山でも煎餅巻はいっぱいみたが、いまいちうまそうじゃないので結局食べず終いだった
たまに煎餅というのも売ってるが、こっちはほんとに煎餅だった
とりあえず宿に向かう
今日の宿は曲阜花园宾馆(Qufu Garden Hotel)
79.20元
宿に行くと、中国語でにこやかに応対してくれた
部屋もあっためておいてくれたが、タバコ臭い部屋だったので言ったらすぐに禁煙の部屋にかえてくれた
しかも広い部屋になった
Wi-Fiは快適
部屋きれい
お湯もでる
なぜか日立の骨董WindowsXPパソコンがあった
荷物を置いて、孔廟に行く
さっき神道路で曲阜三孔景区・售票大厅というのを見かけたに行ってみる
中に入るとお姉さんが英語で説明してくれた
三孔のセットチケット150元と孔林バスが往復30元を買う
三孔
孔廟、孔府、孔林のチケットを別々に買うこともできる
孔廟は紫禁城、岱廟と並んで中国三大宮廷建築の一つとされているらしい
観光は下記の記事を参考にした
1252孔廟へ
二林門をこえたらガイドが声をかけてきた
20元とのこと
中国語がわからないので断った
孔廟の中はガラガラ
一通り見たが、別におもしろくない
たぶんぼくに知識がないからだと思う
奥まで行って左へ曲がり、入口の方に戻ると東側に出口があったので、出る
出口を出て左に行くと、孔府の入口があった
チケットを見せて中に入る
きれいにされた古い集落に、お土産屋がいっぱいあった
住んでる人はみんな孔子の子孫なんだろうか
特におもしろくもないが、一通り見て回る
1348北側の出口から出る
出口を出て右に行くと門があるので、門を出て通りを右に行く
しばらく歩くと、シャトルバスの乗り場が合った
道をわたった向こう側の顔廟前には輪タクがいっぱいいた
ロバ馬車もいる
おばちゃんが声をかけてきて、輪タクの客引きをしてくる
無視してると、最初8元って言ってたのが勝手に6元になった
でもシャトルバスのチケットをもう買っちゃったので、シャトルバスに乗る
こんなことならシャトルバスは買わないでおけばよかった
バスは貸し切り状態
世界遺産なのにこんなに客がいなくて大丈夫だろうか
シャトルバスは万古长春の停車場で停まった
歩いて孔林へ
世界遺産とは思えないくらい閑散としたお土産街を歩く
1359孔林
チケットを見せて門をくぐると、EVカートがたくさんいた
見ると有料らしかった、20元とのこと
もちろんスルー
近くにあった地図をみると、孔林はかなり広そうだった
泰山に登った筋肉痛でとても歩ける状態ではなかったので、とりあえず孔子の墓だけ見て帰ることにする
北の方に歩いていくと、川に橋がかかっている
川は凍ってるけど、それほど寒くない
柏の木と石碑が林立する風景
こんなところが長い間ちゃんと残されたのはすごい
歴史の重みを感じながら歩く
1430孔子の墓
乾隆帝のお堂なんかもある
悠久の歴史を感じる
三孔は泰山と比べて退屈だったけど、こんなところが2000年以上も守られてきたのがすごいと素直に思った
帰りは孔廟までシャトルバス
またもや貸し切り状態
曲阜の町は、城壁とか鼓楼があっていい町並み
都会すぎず、かといって店はそこそこ多くあって、いい町だ
1500神道路の南、大成路の北でバスの終点
孔廟の前には行ってくれないのね
事前には曲阜孔子博物院と顔廟も行きたいと思っていたが、この感じだと特に期待できなそうだと思い、行かずに宿に戻る
筋肉痛の足を無理やり踏み出して宿まで歩く
途中、焼き芋屋が通りかかったので焼き芋を買う、大きいのが1個8.5元
きったない焼き芋屋にくせにおっさんが自慢げにAlipay(支付宝)のバーコードを出してきたのが印象的だった
中国すげぇなぁ
宿に戻ってしばし休憩
日がくれてから晩飯に出る
博文街に行くと食堂が並んでたので、比較的入り易そうなところに入る
指差しで尖椒炒肉、米飯、玉米粥を注文
値段表示なかったから高かった、32元