//Google Search Console用 使わなくなったスマホやパソコンで仮想通貨を採掘する方法 | なまろぐ

使わなくなったスマホやパソコンで仮想通貨を採掘する方法

投資changelly, coincheck, HitBTC, minergate, スマホ, パソコン, ビットコイン, 仮想通貨, 採掘投資, coincheck, HitBTC, minergate, スマホ, パソコン, ビットコイン, 仮想通貨, 採掘

1ヶ月ほど前から仮想通貨を採掘している
以前から仮想通貨を買ってはいたが、自分でも採掘してみたくなったのでやってみた
チマタでは「個人でやっても勝てない」とか「買ったほうが早い」とか言われてるけど、いやいや、そんなことはない
まだまだ個人で採掘してもそれなりに掘ることができるのだ
というわけで、自分の体験をもとに、素人が仮想通貨を採掘する方法をまとめておく
まず、素人が仮想通貨を採掘するには、下記の準備が必要になる
1.ハードウェア
2.ソフトウェア
3.両替所
4.ウォレット
5.電力
これらをイチからやるとしても、1-2時間もあれば採掘を始められると思う
というわけで、1から説明していく
1.ハードウェア
仮想通貨を採掘するにはASICという専用の集積回路やGPUという高性能なプロセッサが必要と言われるが、実は普通のパソコンでも採掘できる
ぼくの場合は、使わなくなったノートPCが家に何台かあったので、それを有効活用した
さらに、使わなくなったスマホも引っ張り出して、今は合計5台の端末で採掘している
使ってるノートPCは、レッツノートCF-N10×3台
スマホは、LG G2 L-01F×2台
レッツノートCF-N10は2011年のモデルだが、そこそこ掘ってくれる
一方のLG L-01Fは2013年のモデルで、スマホとしては古くてあまり活躍は期待できないが、サブの採掘マシンとしては一応戦力になるレベル
ぼくの場合は、最初にレッツノート1台で始めたが、そこそこ掘ってくれるので他の端末も逐次投入し、今は5台でMonero(XMR)を採掘している
というわけで、いらなくなったPCやスマホがあれば、とりあえず採掘用マシンに仕立ててみる価値はあると思う
2.ソフトウェア
仮想通貨を採掘するには、マイニングプールという採掘グループに登録して、コマンドラインでコマンドを入力してソフトウェアを起動して、という方法が普通らしいが、ぼくはそんな難しいことはよく分からない
そんなぼくにでも簡単に採掘できるすばらしいソフトウェアがある

上のリンクをクリックすると、英語のサイトが表示されると思う
でも、心配しなくて大丈夫
やることは簡単なので、すぐに採掘できるようになる
PCの場合、サイトの上のメニューに「Downloads」というのが表示されているので、そこをクリックする
すると、WindowsやMacのソフトウェアをダウンロードするリンクが表示される
ぼくの場合はWindows7の64bitというのをダウンロードして、インストールした
インストールは何も難しくない
いつものようにソフトウェアをインストールするだけ
そして、インストールが完了したら、アカウントを作成する
右上の「Sign up」のリンクからアカウントを作成する
MinerGateのアカウントを作成したら、準備は完了
もし不安なら、下記のサイトが分かりやすいので、参考にするといい
誰でも3分でできるMinerGate(マイナーゲート)のインストール方法

誰でも3分でできるMinerGate(マイナーゲート)のインストール方法


アカウント作成後、ログインをして、画面の上のメニューからMinerをクリックすると、採掘できる仮想通貨の一覧が下に表示される
「CPU Mining」と書かれた列の▽をクリックすると早速採掘を開始する
「CPU Cores」と書かれた列は、PCのプロセッサをいくつ使用するか、の設定
多く使えば多く掘れるが、PCはそれに集中するため他のことはできなくなる
その他の設定は特に気にしなくていいだろう
スマホの場合は、下記のリンク先の一番下にGooglePlayのリンクが張ってあるので、そこからアプリをダウンロードすればよい

スマホのアプリはPC用と名前が違って、MinerGate Mobile Minerというらしい
PC用と違って、スマホの場合は、パスコードの設定を求められる
アプリを起動したときに、4桁の暗証番号を2度入力させられる
これを設定しておかないと、出金・送金(・採掘)ができないようだ
忘れずに設定していくこと
不安な場合は、こちらの記事を見ながらやるといい
すぐに完了する
誰でも簡単に3分でビットコインをスマホで採掘する方法

誰でも簡単に3分でビットコインをスマホで採掘する方法


スマホでも、アカウント作成まで完了すれば準備OK
アカウント作成後にログインしてアプリを起動すると、画面の少し上辺りに仮想通貨を選択する画面が表示される
画面の真ん中辺りにある矢印をタッチすると、早速採掘が始まる
画面の少し下に表示されている「Low」、「Med」、「High」で、採掘のスピードを変更できる
ただし、PC同様、スピードが速くなるほどスマホがそれに集中するため、他の事はできなくなる
それに古いスマホの場合、端末に熱が溜まってスマホが落ちるようになるし、充電も減りが早くなる
PCでも同様のことは起こりうるが、特にスマホの場合には継続的に採掘ができるスピードに抑えておく必要がある
また、左上のメニューから「Setting」をタッチすると、使用するコアの数などの設定を変更することができる
ここまでで、とりあえず採掘できるようになったと思う
設定した端末で採掘を開始して、あとは端末を放置しておくだけで毎日仮想通貨が増えていくようになる
ちなみに、MinerGateには仮想通貨の採掘効率を簡単に一覧表示できる機能がある
Web画面の上のメニューの「Calculator」をクリックして、採掘の速度を選択すると、どの仮想通貨をどのくらい採掘できそうか、数値で表示してくれる
BTCに換算して見て、どれが効率よく採掘できるか、じっくり選んでみるとよいだろう
3.両替所
さて、しばらく採掘をしてある程度の仮想通貨が貯まってくると、今度はそれを現金やビットコインに交換する必要が出てくる
別にそのまま貯めておいてもよいのだが、できれば高騰しているビットコインに交換したり、日本円で出金したりしたくなる
そこで必要になるのが両替所のアカウント
通常の取引所でもよいのだが、仮想通貨同士の取引は可能だが、手数料がやたらと高かったり、取り扱い通貨が限られてたりと、使い勝手が悪い
なので、ぼくはこの両替所を使っている
Changelly
Changellyは、手数料が0.5%の固定で、レートもかなり有利に設定されている
他の取引所と比べると、圧倒的と言っていい
とりあえずChangellyのアカウントを作成しておこう
上のリンク先の右上にある「Sign up」から、アカウントを作成する
メールアドレスとパスワードを入力して、送られてきたメールのリンクをクリックするだけ
すぐに終わる
Changellyにログインして、取り扱いのある仮想通貨を見てみると、あれ?と思うかもしれない
MinerGateで採掘した仮想通貨がChangellyにない場合がある
たとえば、DashCoinなんかがそう
じゃぁ、DashCoinを採掘した場合はどうすればいいの?ということだが、その場合はHitBTCを使う
HitBTC
HitBTCは取引所なのだが、取り扱い通貨がやたらと多い
本当はChangellyで両替したいところだが、対応してない通貨の場合はここを使っておけばいいだろう
というわけで、HitBTCのアカウントも作っておく
画面の右上のリンクからアカウントを作成する
メールアドレスとパスワードを設定して、送られてくるメールのリンクをクリックするだけ
これもすぐに完了する
HitBTCは仮想通貨を大量に購入すると、手数料がすごく安くなる
さらに、指値注文(Limit)で取引した場合は手数料を払うのではなく、通貨をもらえる場合がある
取引をすればするほど仮想通貨が増えていくのだ
慣れてきたらHitBTCを取引所として利用するのもアリだろう
さて、ここまでで、採掘した仮想通貨を両替する準備までできた
採掘を始めてすぐに両替することはないと思うが、いずれ使うことになるので、アカウントは持っておいたほうがよいだろう
両替所の取り扱い通貨のレートを見ながら、採掘する通貨を選ぶのもよいだろう
もし使うときになって不安になったら、これらのサイトを参考にするとよい
Changellyで仮想通貨を交換して手数料を抑える!使い方解説

Changellyで仮想通貨を交換して手数料を抑える!使い方解説


【初心者でも簡単】HitBTCの登録方法と使い方、手数料について

【初心者でも簡単】HitBTCの登録方法と使い方、手数料について


4.ウォレット
さて、ここまで英語のツールを使ってPCやスマホで簡単に採掘する方法を紹介してきた
しかし、採掘した仮想通貨を最終的にどこに貯めこむか、それを決めないといけない
仮想通貨は銀行においておくことはできない
そのため、銀行以外のところに保管しておく必要がある
保管するにはいろいろな方法があるが、要するに安全性が問題となる
初心者の仮想通貨「安全保管」はハードウェアか取引所か

ぼくの場合は、Coincheckという取引所を保管場所にしている
Coincheck
Coincheckは2段階認証を採用しているので、取引所と言えども安心して仮想通貨を預けておくことができる
しかも、スマホのアプリが他の取引所と比べて格段に使いやすい
Coincheckの取り扱い通貨は、日本の取引所ではダントツに多い
しかも、Coincheckでは、各通貨のレートをスマホでリアルタイムで一覧表示できる
これは便利すぎる

  • 20171130021005187.png
  • さらに、Coincheckでは、各通貨のチャートを1時間、1日、1週間、1ヶ月、1年と、期間を変えて即座に表示することができる
    これも死ぬほど便利だ

  • 20171130020958285.png
  • さらにさらに、Coincheckでは、自分の現在の資産を、リアルタイムのレートで換算して円グラフにして見ることができる
    これはもう、奇跡に近いほど便利すぎる

  • 20171130021040868.png
  • というわけで、Coincheckのアカウントはマストで作っておくべし
    Coincheckがないと、自分の仮想通貨がいま何円分あって、各通貨ごとにどのくらいの比率で持っていて、次はどの通貨を採掘すればいいのか、なんてことが全く分からなくなってしまうのだ
    Coincheckはもうなくてはならないツールと言っていい
    というわけで、Coincheckのアカウントを作る
    上記のリンクを開くと、最初に「Show in English? Yes No Never」と表示されることがある
    ここは「Never」をクリックしておく
    すると以降は日本語で表示されるようになる
    最初から日本語で表示されていれば特に問題ない
    右上の「新規登録」のリンクから、アカウント登録をする
    Coincheckでは、マネーロンダリング対策のために、身分証明書の確認、住所の確認、電話番号の確認、口座の確認など、個人認証をすごくきっちりとやっている
    めんどくさいからと言ってこれらをやっておかないと「入金や送金が1万円しかできない」とか、かなり取引を制限される
    なので、アカウントを作るときに全部やっておいた方がよい
    特に住所確認は、1週間くらいかかる場合がある
    仮想通貨が高騰しそうなときなどにこの制限がかかっていると、せっかくの利益を逃してしまうことになる
    めんどくさくても、アカウントを作成する際に住所確認などの手続きも一緒にやっておくのがよい
    身分証明書の確認は、免許証の写真をオンラインでアップロードするだけで済む
    すぐにやってしまうのがよい
    住所の確認は、申請すると本人受け取り郵便が郵送されてくる
    郵便の中に書かれている番号をWeb画面で入力すれば完了だ
    1週間くらいかかることがあるので、すぐに申請するのがよい
    電話番号の確認は、申請するとスマホや携帯にSMSが送られてくる
    SMSに書かれている番号をWeb画面で入力すれば完了
    これもすぐにやっておくのがよい
    口座の確認は、自分の出金口座の口座情報を登録する
    数日すると入金があるので、入金額をWeb画面で入力すれば完了する
    これも数日かかる場合があるので、すぐにやっておくのがよい
    これらを終えれば、採掘した仮想通貨をCoincheckに貯める準備ができたことになる
    また、Coincheckに入金して、仮想通貨の購入・売却もできるようになる
    ちなみに、Coincheckでは、2段階認証の方法をとっている
    メールアドレスとパスワードの他に、2段階認証をすることで、万全のセキュリティを維持している
    そのため、2段階認証の設定もしておかないとウォレットとしての意味がなくなってしまう
    必ずやっておこう
    やり方はこの記事に詳しい
    コインチェック(coincheck)の二段階認証方法の設定・解除を解説

    コインチェック(coincheck)の二段階認証方法の設定・解除(スマホ買い換え時)を解説


    ここまでやってやれば、仮想通貨のトレードで利益を上げる準備は完璧だ
    あとは好きな仮想通貨を発掘して、Coincheckに貯めていくだけ
    仮想通貨はまだまだ高騰が続くだろう
    できるだけ早めに参加して、キャピタルゲインを稼いでほしい
    5.電力
    最後に、収益率を上げる方法をもうひとつ
    自分でPCやスマホで採掘をする際、電気代がかかってくる
    うちのレッツノートはやたらと電力消費が少なく、あまり負担にはなってないが、PCやスマホによってはやたらと電気を食うものもある
    採掘できる仮想通貨と電気料金を比べるとぜんぜん儲からない、という場合もあるかもしれない
    しかし、そもそも仮想通貨は、将来の値上がりがすごく重要なはず
    将来の値上がりを狙って採掘するわけだから、少々の電気料金くらいは仕方ないと考えたほうがいい
    でも、電力料金を安くできたら、もしかしたら少しは利益がでるかもしれない
    そんな場合は、電気会社を変更するのがいい
    数年前までは、住んでる地域によって電力会社が決まっていた
    東京なら東京電力、大阪なら関西電力というように
    しかし今は、電力会社を自由に変更することができる
    これを「電力自由化」と言っているのだが、この「電力自由化」、電気をすごく使う人しか安くならないといわれている
    いやいや、そんなことはない
    電力会社によっては、誰でも電気料金が安くすることができるのだ


    電力会社を変更するのって大変じゃないの?って思う人もいるかもしれないが、ぜんぜんそんなことありません
    Webで申し込んで、毎月の明細用紙が変わるだけ
    なんのデメリットもなく、電力料金が安くなるんです
    器械を交換したり、電気が止まったり、そんなことはないの?って、そんなこと全くありません
    ぼくは電力会社をここに変えてからもう2年ほどになるが、トラブルやおろか、めんどくさいことすら1回もありませんからね
    むしろ明細をメールやWebで見れるようになって、前より便利になったくらい
    というわけで、仮想通貨の採掘をするのなら、電力会社の変更は必須
    必ず申し込むようにすべし
    以上で、素人でも仮想通貨を採掘できるようになる話は終わり
    少し手間をかけてこれらの作業を済ませれば、あとは放置するだけで仮想通貨が増えていく
    興味がある人はぜひやってみてほしい