//Google Search Console用 またまた中国の観光ビザを申請した | なまろぐ

またまた中国の観光ビザを申請した

ビザ, 中国, 中国

年末年始にまたまた中国に行く予定を立てている
飛行機はとったのだが、ノービザ滞在は2週間まで、というのを忘れていて、ついいつもののりで3週間の滞在にしてしまった
うーむ、また中国ビザを取らないといけないか
めんどくさい
中国ビザは高いのでできるだけとらないで済ませたいが、まぁ、仕方ない
というわけで、また中国ビザを申請することにした
とりあえず、中国ビザセンターのホームページで必要な書類を確認する
中国ビザセンター
真ん中にある「具体的な手順」というところにある「査証」をクリックすると、必要なビザを選択する画面になる
「観光ビザ」を選択して、一番下の「次へ」ボタンをクリックする
なにやら規約のようなものが表示されるので、流し読みする
一番下の画像に表示されている番号をテキストボックスに打ち込み、「了承」のチェックボックスをチェックして、「次へ」ボタンをクリックする
すると、必要な資料の一覧と説明が表示される
流し読みしたところ、前回の申請のときと同じような感じだったので、あまり気にせずに前回と同じように申請することにした
前回の中国ビザ取得の記事

中国の観光ビザの申請は意外に簡単だった


必要な書類をPDFファイルにしてメモリースティックにいれて、ビザセンターに向かう
神谷町のビザセンターの周りにはコンビニがたくさんあるので、資料の印刷には困らない
資料を一通り印刷して、ドトールで申請書を記入する
ビザセンターに行くと、前回と違ってけっこう混んでた
外国人もけっこういるようだ
受付に10人弱並んでるので、その後ろに並ぶ
受付でいくつか指摘を受けた
写真は背景が白じゃないとだめらしい
写真の審査が厳しくなってるようで、受付の人も相談しながら、OKしたりNGにしたりしてた
また、招聘先、別名の欄は、ない場合は「なし」と記入する必要があるようだ
それと、今回天津IN、香港OUTにしたのだが、香港OUTの航空券のコピーに、中国を出国する日付と「アモイ→広州→香港、列車」という文言を記載してサインするように言われた
最後に、パスポートのコピーが必要、との指摘があり、全部できたらまた来るように言われた
写真は、手持ちの写真の中から背景が白のやつを選んだ
パスポートのコピーはセンター内のコピー機(2台ある)でコピーした、10円
ちなみに、受付の裏にあるパソコンで申請書の作成・印刷もできるらしい
コピー機、写真機、パソコン、授乳スペースまであって至れり尽くせりだ
受付にまた並んで書類を見てもらうと、問題ないようだった
写真は受付で糊付けしてくれた
整理番号をもらってイスに座って待つ
前より稼働してるウンターが多い
来るなら朝イチがよさそうだ
1125から待ってるが、1200過ぎてもまだ受付してる
1200を過ぎて整理番号を表示するモニターが止まってるようだったが、そのまま待ってると、口頭で番号を呼び始めた
聞いてると、ぼくの番号が抜かされてるようだった
モニターを見ると、表示が直ってたが、やっぱりぼくの順番は抜かされてた
しかしそんなことは中国あるあるなので、空いたカウンターに言うと、すみません、とのこと
昔の中国とはえらい違いだ
というわけで1時間待ってようやく順番がきた
やっぱり来るなら朝イチがいいだろうね
あと、順番がこないようならちゃんと言わないとだめだね
ここは中国なんだね
カウンターで書類をチェックしてもらい、いくつか指摘があった
旧パスポートがない場合は提供できない理由を書く
また、申請内容が事実であると記載する
そしてサイン
書類は以上で完成だが、最後に、受取日はTBDと言われた
なぜかと思ったが、旧パスポートを提供できない場合は領事の判断が必要なので受け取り日は電話で通知する、ということだった
前回はパスポートを提供出来なくても受け取り日はその場で通知されたが、以前よりも厳しくなってるのかもしれない
当日の1600-1700くらいに電話する、ということだった
念のために、電話に出れない場合はどうなるか聞いてみたところ、留守番電話に入れるとは言っていたが、家族に電話した方がいいかと聞かれてしまった
電話に出ないとなんだかめんどくさい事になりそうな予感
ちゃんと電話に出るようにしたほうがよさそうだった
帰りに、日比谷から八重洲まで歩いて、八重洲ビジネスクリニックでアレルギー検査をした
採血してくれたナースのおねえさんがやたらと巨乳でびっくりした
そのあと、八重洲地下街でランチを物色してたら、以前は魚がし日本一があったところが立ち食いの函太郎になってたので、試しに入ってみた
立喰寿司函太郎 東京駅一番街店
値段は魚がし日本一の倍くらいになってたが、味は美味しくなってた
あと、1貫ずつの注文がデフォルトになってた
インバウンド狙いで入れ替えしたのかもしれない
ハイボールと、安めのネタ10貫ほどで1500円くらい
気軽に食べるような値段ではないが、八重洲のこのあたりの物価は軒並み上がってるので、まぁこんなもんか
近くに函太郎の回転寿司もあったが、そちらはもっと高い価格設定だった
産直グルメ回転寿司 函太郎 東京駅一番街店
ついでにラーメンストリートものぞいてみた
新しい店もできてたが、どの店もメニューが軒並み1000円超え
物価高騰もここまで来ると、なんだかなぁ。。。
夕方、17時過ぎにビザセンターから電話が来た
今週の金曜日にビザを取りに来てください、ということだった
今回のビザ申請も前回同様に、同じ書類で申請をして、前回と同じ日数で発給されることになった
よかったよかった
金曜日にビザを取りに行くつもり

ビザ, 中国, 中国