//Google Search Console用 徳島・兵庫の旅:絶景が広がる産業遺産、東洋のマチュピチュ・東平(とうなる)に行ってみた | なまろぐ

徳島・兵庫の旅:絶景が広がる産業遺産、東洋のマチュピチュ・東平(とうなる)に行ってみた

今日は別子銅山に行く
宿をチェックアウトして、マイントピア別子までドライブ
途中、なにやら向こうの山がやたらと連なって見える
目を凝らしてみると、あれ?これ蜃気楼じゃん!
山の陰が後ろの大気に写って、山が奥にもずっと連なってるように見える
DSC_0510.JPG
富山出身なので海の蜃気楼は見たことあったが、山の蜃気楼はこれが初めて
うーむ
世の中には知らないことがまだまだいっぱいあるなぁ
マイントピア別子に着いてみると、平日なのに車がいっぱい停まってた
観光バスのようなものもいる
意外と人気スポットのようだ
何も調べないできたので、とりあえず建物に向かう
入口にチケット売り場があった
鉱山のほかに、温泉やらバーベキューやらいろいろあるらしい

MOBILE


鉱山を見るのに1200円かかる
昨日すでに生野銀山みたしなぁ
観光バスとセットで1800円というのもある
駐車場にいた観光バスは、鉱山観光のバスだったのか
しばらく悩んでみる
観光バスがあるということは、車でも観光できるのかもしれない
Googleマップを見てみると、自家用車でも鉱山遺産にいけそうだった
というわけで、鉱山は見ないで、車で鉱山遺跡を見ることにした
東洋のマチュピチュ・東平(とうなる)というらしい
車に戻って、東平を目指す
かなり細い道を、恐る恐る運転する
しかし対向車がきたらめんどくさいので、急いで進んでいく
運よく対向車とあわずに、駐車場まで来た
けっこう遠かった
駐車場はガラガラだったが、数台の軽自動車と、観光バスが2台停まっていた
観光してる人もちらほらいる
観光バスツアーの解説を聞きながら、歩いて回る
古い遺跡がきれいに残っていた
階段のところに、「マムシに注意」とか書いてあってびびったが、なかなか渋いところだ

東洋のマチュピチュ 別子銅山の東平(とうなる)がすごかった!


東平を後にして、徳島に戻る
夜の飛行機で東京に帰る
途中、うどんを食べる
食べログで探した店
西端手打・上戸
ここのうどんもうまかった
ほんとは魚が食べたかったが、行きたい店は今日は休みだった
福丸水産
さて、徳島に帰るか、とナビを設定するが、到着予定時刻が飛行機よりかなり前になる
どこかもう1ヶ所よろうと思い、金毘羅さんに寄ることにする
田舎道を走って金毘羅さんに到着
駐車場を探すが、どこも400円とか500円
公営の駐車場の看板が出てたので行ってみるが、1h200円となんだか高い
公営なら無料にしろや
いろいろ探して、
ナイスパーキング琴平町第2-121
という所に停めた
1h100円と書いてあった
少し歩くと参道
参道をどんどん歩いて登っていく
金毘羅さんは何回も来てるが、ここの参道はかなりきつい
神馬のところまできて、かなりへこたれる
もう少しがんばってカフェ神椿まで来たが、ここでリタイヤ
車に戻る
今日は東平の階段も登ったので、足がガクガク
徳島空港に戻る
ガソリンを入れて、レンタカーを返却
ユニバーサル・ペトロリアムとくしま空港SS
現金だけだけど、ここはガソリン安かった
徳島 20:00発のJAL464便で東京へ
羽田航空に21:10着
なぜかカタール航空とのコードシェア便らしかった
徳島はカタールと何か関係があるんだろうか
飛行機がガラガラだった
ビジネス需要がないようだと、そのうち徳島羽田便はなくなるかもね。。