//Google Search Console用 四川省・甘粛省・青海省のチベット人に会う旅:瑪曲(マチュ)から合作(ヘッヅォ)に移動する | なまろぐ

四川省・甘粛省・青海省のチベット人に会う旅:瑪曲(マチュ)から合作(ヘッヅォ)に移動する

ガンバン, ゾッゲ・ニマ・ゴンパ, ヘッヅォ, マチュ, 中国, 合作, 四川省, 外香寺, 干拌, 瑪曲, 甘粛省, 鑫海商务宾馆, ゾッゲ・ニマ・ゴンパ, ヘッヅォ, マチュ, 中国, 合作, 四川省, 外香寺, 干拌, 瑪曲, 甘粛省, 鑫海商务宾馆

今日は瑪曲(マチュ)を観光してから、合作(ヘッヅォ)に移動する
0800外のスピーカーから大音量で「エリーゼのために」が流れてきた
宿をチェックしてバスターミナルまで歩く
0915バスターミナルの売店に荷物を預かってもらう、5元
外香寺(ゾッゲ・ニマ・ゴンパ)に歩いて行く
0940町の入口の門のところを寺の方に入って行く
1000寺のチョルテンに到着
外香寺(ゾッゲ・ニマ・ゴンパ)はラプラン寺の分院らしい
なかなか見応えあり
しかしほとんどのラカンは中に入れず
写真もあまり歓迎されてないような雰囲気だった
1135寺を後にする
1153町の入口の門のところを通る
1200「エリーゼのために」がまた流れてきて、花火があがった
国慶節だから?
乗りたかった合作・臨夏行きのバスとすれ違う
1315バスターミナルに到着
バスターミナルには、選部行きのバス、アバ・久治行きのバス、合作行きのバスが停まっていた
荷物を回収
アイスを買う、3元
合作行きのチケットを買う、50元
チケット売り場は、バスターミナル奥の駐車場に入るゲートを入ってすぐ左側にある
1230瑪曲を出発
チベタンぽいけど洋服を着て中国語をしゃべってる若者達がいる
中国語がすごいなまっててズーズー弁という感じ
ずっと大声でしゃべってる
田舎の少数民族か
1400ルーチュで停車
途中、蔵宝网という広告が草に書かれてた
チベタン専用のWebサイトか
1450左手に阿木去呼村を見る
すぐに警察のチェックポスト
北の方に立派な寺が見えた
1500博拉郷に立派な寺が見えた
この辺りの農家は門が立派、どこもサンルームがある
1530合作南バスターミナルに到着
卓尼に行こうとチケット売り場に聞いてみるが、1730にあると言ってなにやら調べだした
運転手みたいな人を呼んできいているが、結局今日はないとのことだった
運転手によると、明日2030ならある、というようなことを言っている
しかし、チケット売り場で明日のチケットをとろうとしたら、今日は取れないと言われた
うーむ
ようわからんが、卓尼に行くのは筋がよくなさそう
合作は人工的に作られた街で、工商銀行も建設銀行もあってかなり都会
公衆トイレがところどころにあるが、決まって汚い
南站の隣の食堂で腹ごしらえ
加工炒干拌面、17元
地元の人でいっぱい
麺がうまい
宿を探してブラブラする
空気が汚いので、タンク車が空気中に水をまいてた
Baidu Mapを見ながら宿を探す
雪松青旅は、外国人ダメとのこと
金河賓館は満室とのこと(たぶんめんどくさいだけだろう)
刚坚龙珠宾馆では、大酒店に行けと言われた
うーむ
鑫海商务宾馆という宿に行く
チベット人のおにいさんが熱烈歓迎してくれた
チベタンエリアにある
128元
日本人と分かると、いろいろ話しかけてきた
日本円が欲しいというので、1000円と80元を交換した
チベット語が使えるiPhoneを持ってた
ぼくのソニーのスマホを見て、日本はよい、トヨタよい、と言ってた
部屋は、エアコンあり、電気マットなし
お湯シャワー
部屋に荷物を置いて、腹ごしらえに
橋をわたったところに立派なチベタン茶屋があった
昔と違って、今ではチベタンでもけっこう裕福な人がいるようで、漢族の方が肩身が狭そうな街もある
清真食堂で干拌(ガンバン)をたのむ、13元
干拌(ガンバン)は焼きうどんのような料理
こればっかり食べていた
水小×2、4元
宿に戻ってゆっくりする
木拉というところに木拉寺があるとネットで見たのだが、Baidu Mapで調べてもどこなのか分からなかった
四川省から甘粛省に来たが、省境を越えると急に店の愛想がなくなった
また、バスターミナルとかのシステムがしょぼくなった
飯も清真しかない
四川省はやっぱり居心地がいい
まぁ、漢民族が増えたからかもしれない
漢民族の店員はほんとに笑わない鉄面皮
上海なんかの都会ではそんなことはもうなくなったのに、田舎では相変わらず昔の中国が残っているようだ
【今回の旅で参考にしたガイドブック】
旅行人 チベット
地球の歩き方 チベット