//Google Search Console用 四川省・甘粛省・青海省のチベット人に会う旅:朗木寺(ランムースー)の色止寺(セルティ・ゴンパ)と格爾底寺(キルティ・ゴンパ) | なまろぐ

四川省・甘粛省・青海省のチベット人に会う旅:朗木寺(ランムースー)の色止寺(セルティ・ゴンパ)と格爾底寺(キルティ・ゴンパ)

キルティ・ゴンパ, セルティ・ゴンパ, ランムースー, 朗木寺, 格爾底寺, 色止寺, セルティ・ゴンパ, ランムースー, 朗木寺, 格爾底寺, 色止寺

今日は朗木寺(ランムースー)を観光する
宿でバスターミナルとATMの場所を聞いておいたので、探しに行く
甘粛達倉郎木賓館がある交差点がバスターミナルになっているとのこと
交差点を北に少し入ると、すぐに農業銀行が見つかった
バスステーションは、チケットはなく、バスが来たら乗り込む
ただし、バスの時間は地元の人でもあまり知らないらしかった
宿の人たちに聞くと、0900ごろに瑪曲行きがあると言っていた
朗木寺はチベタンも多いが、清真もけっこういる
漢族はあまりいない
清真料理の店と、チベタンか漢族がやってる四川料理の店が多い
嘉绒川菜館で腹ごしらえ
水餃子、15元
チベタンの夫婦がやっていた
チベタンの店は漢族と違って愛想がよいので入りやすい
中国人の観光客もけっこう見かける
ゴンパの中はツアー客も多い
甘粛省側の色止寺(セルティ・ゴンパ)に行く
チケット売り場で30元を払う
左からコルラして見て回る
なかなか見応えあり
本堂の仏像がすごかった
ツォンカパのお堂の絵が布にかなり精細に描かれていてすごかった
本堂は建設中で、外装はほぼできてたが、内装は工事中だった
次に格爾底寺(キルティゴンパ)に行く
こちらも30元
また左からコルラ
奥の洞窟のあたりがいい雰囲気
ボン教の古いお堂が地元のひとに人気のようだった
入口のチョルテンも味がある
洞窟の手前で女の子がついてきたけど、中国人じゃないからかわらないよっていってたら、中国人のカップルのほうに行った
あれはなにをして欲しかったのだろうか
奥の洞窟らへんで馬曳きにも声を掛けられた
「ハイジョウまで10元」といってたが、断ると奥に行った
暇だったのでついていけばよかった
一通り見終わって、また嘉绒川菜館へ
蘑菇肉片、米飯、30元
店主がいい人そうで居心地がいい
今日も宿は蔵地青稞国際青年旅舎、40元
昨日は一人でドミトリーだったが、今日はアメリカ人ぽい女の子が2人同室
うるさくてイライラする
仕方ないのでイヤホンをした
今日も雨が降ってきた
雷も聞こえる
2100ごろ停電になる
復旧する気配がないので、仕方なく眠った
【今回の旅で参考にしたガイドブック】
旅行人 チベット
地球の歩き方 チベット