//Google Search Console用 上海・蘇州の旅:陽澄湖でバカ安の上海蟹を堪能した | なまろぐ

上海・蘇州の旅:陽澄湖でバカ安の上海蟹を堪能した

上海, 上海蟹, 蘇州, 陽澄湖, 上海蟹, 蘇州, 陽澄湖

今日は蘇州から上海に戻る
ホテルからほど近くにある陽澄湖は、上海蟹で有名な場所
せっかくなので上海蟹を食べてから上海に戻ろうと思う
バスだと時間がかかってめんどくさいので、今日もバカ安いタクシーをつかまえる
つかまえた流しのタクシーは、初乗り5kmで15元
少し高めだと思ったら、後部座席にもクーラーがついてて涼しかった
3元/km
ネットで調べて、この店に向かう
浅水湾酒店
ホテルからタクシーで86元
けっこう高かった
タクシーを降りると、上海蟹のお店がアホみたいに並んでた
競合しまくってるけど、大丈夫なんだろうか
その中でも浅水湾酒店はひときわ大きいレストラン
儲かってるんだろう
中に入ると、おばちゃんがついて世話をやいてくれる
メニューを持ってきてくれたので一応開いてみた
蒸し上海蟹がのってたので、指差しで注文する
すると、蟹がいっぱい入った水槽の前に連れてかれた
好きな蟹を選ぶらしいが、全部同じに見える
水槽を見てると、なにやら書いてあった
2つある水槽で、数字が違う
どうも蟹の大きさが違うようだ
大きいほうが、当然高い
せっかくなので、高い方の水槽を指差しする
すると、おばちゃん、なにか言ってる
よく分からんが、たぶん、雄か雌か、みたいな話なんだろう
よく見ると、雄か雌かで値段が違うようだった
そして、2つセットみたいな値段も書いてある
セットの価格のようなのを指差しして、
1人1セット、のようなゼスチャーをする
おばちゃんはなにやら確認のようなことをしてくれたが、
言われても分からないので、とりあえずOKしておく
まぁ、うまく伝わってるのかどうかは分からないが、
蟹じゃないものが出てくることはないだろう
とりあえず席について待つことにする
すると、メニューをまた持ってきて、
何か注文しないのか、みたいなことを言ってる
蟹ができるまでそんなに時間がかかるんやろうか
ようわからんが、蟹がやたら安いので、かわいそうだから他のものも注文する
しかし、メニューをみても、
蟹モードなので、それ以外に食べたいものが特にない
と言って、メニューにない蟹の他のメニューを注文するのも難しい
というわけで、
とりあえず隣のテーブルの人たちが食べてる皿を指差して、
これこれ、って感じで注文する
おばちゃんは了解した様子で、奥に引っ込んでいった
とりあえず注文はできた
お茶を飲みながら待つ
それにしても、蟹がアホみたいに安い
書いてあることが正しいなら(ぼくの理解が正しいなら)
雄と雌のセットで小さいやつだと58元って、すごい
大きいやつのセットでも78元
だって、
横浜の中華街なんかで食べようもんなら
1パイ2500円はするだろう
高いところだとセットで6000円以上するんじゃなかろうか
しかも、中国から輸送されてきた蟹なんだから、味は落ちるだろう
まぁ、輸送費ってことなんだろうけど
先に出てきた炒め物を食べて待つ
昨日もホテルのレストランで食べたメニューだが、昨日のほうがぜんぜんおいしかった
そんなにおいしくないので、お茶を飲みながら待ってると、
蟹ちゃんたちがやってきた
DSC_3823.JPG
ムフフ
こんにちわ
無言で身を出して食べる
うーむ
毛蟹のほうがうまい
けど、コスパ的にはダントツこの上海蟹が勝つだろう
もう上海蟹は何年も食べなくていい、ってくらい堪能した
満足度はかなり高い
レストランを出て、裏手に歩いていくと、
陽澄湖が広がっていた
のどかな風景
暑いけど、風が気持ちいい
水は透明ではないが、もう食べたあとなので気にならない
さて、上海に戻るか
陽澄湖大道まで歩いていき、タクシーをつかまえる
が、タクシーが通らない
うーむ
ぼけーっとタクシーを待ってると、どこからともなく中国人のおじさんがやってきて声をかけてきた
どこにいくんだ?と聞いているようなので、
スマホを見せながら蘇州園区站に行きたいと伝える
伝わったのかどうか分からないが、
おじさんは黙って道端に立って通り過ぎる車を見ていた
そのうちタクシーがきた
おじさんがタクシーをつかまえて
助手席に乗り込み、手招きした
どこに行くんだ?と聞くから、
またスマホを見せながら蘇州園区站に行きたいと伝えると、
運転手に伝えてくれた様子
後ろに乗れ、とおじさん
タクシーは西の方に向かってるので、たぶん蘇州園区站に向かってるのだろう
とにかくタクシーに乗れたのでひと安心
タクシーは、初乗り13元
同乗のおじさんは、よく分からない
タクシーをおごってくれた金持ちのおじさんなのか、
ただ相乗りしただけなのか
タクシーは高速に乗って、
蘇州園区站の方に向かっていたが、
通り過ぎてから、高速を降りて、
少し戻って蘇州園区站にまた向かっていた
蘇州園区站の車寄せで停まった
無事に着いた
メーターを見ると38元と表示されていたので、運転手に40元渡した
助手席のおじさんが運転手になにか言った
運転手からお釣りなし
なんだ、ただの相乗りのおじさんだったか
おじさんはタクシーを降りずに、そのまま乗ったままタクシーでどこかへ去っていった
駅の入口にはセキュリティがあった
チェックを通って中に入る
チケット売り場で上海までのチケットを買う、34.5元
次の便のチケットがとれた
ベンチに座って待つ
コンビニがあったので買い食い
麻辣ポテチと水、9元
1604発の高鉄
蘇州園区站→上海
上海火車站から地下鉄で塘橋へ、4元
今日の宿はシェラトン上海浦東
宿に荷物を置いて、豫園に出かける
塘橋から地下鉄で上海火車站へ、4元
歩いて豫園へ
陽はすでに落ちていたが、けっこうな人ごみ
ネオンがすごい
豫園を一通り歩いたが、特に面白いものはなかった
昔は渋くてよかったが、今はただのテーマパークと言ったところ
ホテルに戻る
上海火車站→塘橋、4元
ラウンジで食事を済ませて、部屋でのんびり過ごした
毎日の移動で疲れ気味
おまけに寝不足
ちょっとゆっくりしたいところだ
【今回の旅で参考にしたガイドブック】
地球の歩き方 上海