//Google Search Console用 中国・東北の旅:ハルピン・永泰城はゴーストタウンだった | なまろぐ

中国・東北の旅:ハルピン・永泰城はゴーストタウンだった

ゴーストタウン, ショッピングモール, ハルピン, 中国, 廃墟, 永泰城, ショッピングモール, ハルピン, 中国, 廃墟, 永泰城

今日はホテルを移動
永泰城というところに行く
宿をチェックアウトしに受け付けに行くと、
係の人に言って寝床をチェックしてもらう必要がったようだ
カプセルに戻って寝床をチェックしてもらい、また受付へ
デポジットを受け取って外に出る
ハルピン駅の近くの崑崙大廈の下に入ってる東方餃子王でランチ、77元
やっぱりうまい
ここの餃子はいくらでも食べれるね
タクシーで永泰城へ、30元
これまでどの国でもタクシーはほとんど使うことがなかったが、
中国はタクシーがクソ安いというのが分かった
しかも、確実に目的地まで運んでくれる
中国のタクシーなんて気分が悪くなるだけかと思っていたが、意外だった
まぁ、東北地方だからかもしれないが
事前にネットで永泰城の行き方を調べてはおいたのだが、
バス1本ではいけないようだったので、タクシーを使った次第
バスで行けば2元なので、15倍の料金ではあるが、まぁ、便利っちゃ便利なので、捨てがたい選択肢ではある
しかし、それほど渋滞のない街での利用に限るかもしれない
今日の宿はシェラトン・ハルビン香坊ホテル
宿で一休みして、永泰城に
永泰城ってなにかと思ってたけど、新興住宅地として開発中のマンションエリアのようだった
何もない原っぱの中に突然現れるマンション群
ショッピングモールもあって、さぞかしオシャレで便利
かと思いきや、モールはほぼ廃墟
マンションもほとんど電気はついてない
あっちゃー
中国あるある
ゴーストタウンのひとつなのでした
アーメン
今までこれと似たようなゴーストタウンをいくつも見てきたが、
これの負債っていったいどうなるんだろう、といつも心配になってしまう
日本でもアメリカでも、
不動産バブルのツケってのは小さいものではなかったが、
中国ではそんなことを知ってか知らずが、
何事もないかのように今でもバンバンゴーストタウンを大量生産してる
たとえば20年後に、このゴーストタウンに人は残るんだろうか
日本でも新興住宅地なんて20年も建つと敬老廃墟村のようになるのに、
少子高齢化が一気に進んだ中国でははたしてどうなるものか。。。
売れないマンションの負債、買ったマンションの負債、
整備したインフラの公共負債、老朽化するインフラの維持コスト
先進国でも問題になってるこれらの問題について、
中国が危機感を持つのに長い時間は必要ないだろうと思うのだが
さらには、
晩婚化、男子過剰と女子不足、労働力の国外流出、
低付加価値商品の爆売り輸出と叩き売り、
高付加価値商品の爆買い輸入、
貿易赤字、為替高
ぼくがイメージする中国の未来は、
お先真っ暗で、途上国への後戻り、というか、経済の荒廃・・・
まぁ、ぼくなんかが心配することでもないんですけどもね
そのうち廃墟遺産として観光地にでもなるかもね
【今回の旅で参考にしたガイドブック】
地球の歩き方 長春