//Google Search Console用 中国・東北の旅:久しぶりの中国・長春 | なまろぐ

中国・東北の旅:久しぶりの中国・長春

ハルピン, 中国, 春秋航空, 長春, 中国, 春秋航空, 長春

始発で成田空港へ
ちょっと二日酔い
JRの方が安いが、始発が遅くて飛行機に間に合わないため、京成で成田空港へ移動
いつもの成田空港・第三ターミナル
春秋航空の国際線カウンターは、チェジュエアーの奥に押し込められてた
団体と個人で列が分けられてる
何の説明もないのでたどり着くのに時間がかかった
チェックインカウンターでは、
「満席だが非常口の席なら無料で案内できる」
「持ち込み荷物は通常5kgまでだが、非常口の席の協力で8kgまで無料で持ち込みできる」
ということだった
別に断る理由もないし、満席とか言うので、それでお願いした
他の人はみんな指定席なんだろうか
せっかく事前に5kgの荷物追加を購入していたが、無駄になってしまった
まぁ、いっか
出国審査に行くが、セキュリティチェックがまだ開いてなかった
少し待って0645に開いた
国際線のセキュリティチェックは、休憩時間があるようだ
休憩時間の案内が書いてあった
また、事前にネットでチェックインは0640まで、と確認していたが、
結局チェックインカウンターは0725に閉まったようだった
別に気にしないが、
出国前から中国っぽいので、少し違和感を感じた
まぁ、LCCターミナルなんてそんな感じかね
0810発の春秋航空日本IJ1051でハルピンへ、1005着
機内では、中国人に水筒のお湯を無料であげてた
前に乗ったときはラーメンかお茶を買ったときだけ、と断ってるのを見たが、サービスを変更したんだろうか
搭乗してすぐ眠ってしまい、着陸の最中に目を覚ました
ハルピンの国際線ターミナルから、無料シャトルバスで国内線ターミナルへ移動
寒い
リムジンバスの切符売り場の場所が変更になっていた
国内線の出発ビルの1階にバスチケット売場ができてた
長距離バスのチケットも売ってるようだ
斉斉哈爾(チチハル)、佳木斯(ジャムズ)、大慶と書いてある
あと、駅前の南崗客運站からのバスチケットも買えるようだった
前回余った200元をバックパックから取り出して、駅前行きのバスチケットを買う、20元
バスでは爆睡
駅前に着くと、駅前の地面がごっそり掘り返されてて、車道が通行止めになっていた
ハルピンも姿を変えつつあるようだ
龍門大廈の下の工商銀行のATMでキャッシング、1000元(16,720円)
ついでに長春行きのバスのチケットを買う、76元
券売機はあったけど身分証がないと買えなかった
保険が必要とか言って連れていこうとする男がいたが、無視してカウンターで買う
バスの時間まで暇なので、バスターミナルの外に出てブラブラして食堂を探す
適当に食堂に入って地三鮮盒飯で腹ごしらえ、14元
相変わらずタバコの煙がうざい
暇なのでバスターミナルのベンチで時間をつぶす
バスターミナルにたくさんいる客引きは、私バスの客引きのようだ
客引きに連れられてバスターミナルの中にいるおじさんのところに行くと、乗客リストに名前を書いて乗車票をもらえるシステムのようだ
バスの時間になったので、検票を通る
バスに乗ると、安全帯をしろ、とかなり念入り
1400発
1645休憩
1800着
長春駅の北口、東側の駐車場で降ろされた
寒い
今日の宿は駅の南側なので、歩いて移動する
駅の建物をいろいろ歩き回ってみたが、地上からは南側に行けなさそうだった
途中、建設銀行があったのでキャッシング、1000元(16,720円)
後日、為替レートを比べてみたが、工商銀行と同じだった
駅の西側の地下道から站南広場へ
凱旋バスターミナルに向かって歩いていると、南へ行く連絡道がある
Maps.meを見ると南口にバスターミナルがあるが、なくなってた
南口は大規模に工事中
今日の宿は嘉豊ビジネスホテル(Changchun Jiafeng Business Hotel)
Booking.comで予約した
カウンターでパスポートを出すと、日本語を少し話せる受付の女の子が「敷金込みで200元」とのこと
宿泊代は78元だよね?と念を押すと、問題なさそう
デポジットは翌日返金されるっぽい
部屋は、けっこうきれいめ
いい宿だ
腹が減ったので外をブラブラするが、食堂がほとんどない
どうにか食堂を探して、卵チャーハン、ビールで15元
宿に戻る途中でタオル、水1.5L、トイペを買う、14.5元
実は昨日の宿にタオルを忘れてきてしまったのだ
なんだかあまり幸先のよい旅ではなさそうな予感
【今回の旅で参考にしたガイドブック】
地球の歩き方 長春