//Google Search Console用 諏訪の神話を感じる旅:18きっぷで諏訪大社・上社(前宮・本宮)と守矢史料館 | なまろぐ

諏訪の神話を感じる旅:18きっぷで諏訪大社・上社(前宮・本宮)と守矢史料館

18きっぷ, かりんちゃんバス, 守矢史料館, 諏訪, 諏訪大社, かりんちゃんバス, 守矢史料館, 諏訪, 諏訪大社

今日と明日は18きっぷで諏訪に行く
諏訪は縄文人の終焉の地
ぜひ行ってみたかった
先日遠州新居の手筒花火を見に行ったときの18きっぷがまだ余っていた
今回2日分を使って、それでも2日分が残るが、ヤフオクで売る予定
JRでゴトゴト揺られて、1430ごろ茅野駅に着いた
諏訪大社・上社前宮まで歩く
のどかな風景
さすが縄文人の里
諏訪大社・上社前宮はけっこう立派
坂道と階段を上に登って行くと、
アスファルトの道がさらに上に続いていた
上に登って行くと、
小高い山の上にポツンと本殿が立っていた
うわぁ
雰囲気がはんぱない
神々しすぎる
社は意外に小さかったが、それがまたよかった
社の四隅に4本柱が立ってる
テレビで見たやつだ
平日なのにけっこう人がおまいりに来ている
昔からこうやって日常的に諏訪の人が来ていたんだろうなぁ
次は守矢史料館に行く
諏訪大社上社前宮から坂道を下っていくと、小さな社があった
中をのぞくと、なぜかヒシャクがたくさんつるされていた
なんだこれ?と思って近づく
解説が書いてあったので読んでみる
子安神社
楽にお産が終わるようにヒシャクの底を抜いたものをお供えする、
ということだった
暑い中を歩いて守矢史料館に行く
守矢史料館は普通の民家のようなところだった
ほんとにここ入っていいんかなぁ、と思いつつ、
中に入っていくと、門の先に奇抜な建物が建っていた
建物に入ると、おじさんが迎えてくれた
御頭祭はけっこう強烈だ
しかし、いかにも縄文人という感じ
展示を見終わって出ようとすると、おじさんが出てきたので、少し立ち話
資料館の建物は東大の藤森先生が設計したのは知っていた
聞いてみると、藤森先生の実家がすぐそこにあるそうだ
なるほど、通りで
他のお客さんが来たので邪魔をしないように資料館を後にした
奥の祠もお参り
テレビで見たところ
栗のみが地面に落ちていた
やっぱり縄文人の里だ
次は諏訪大社・上社本宮に行く
暑い中をまたてくてく歩く
上社本宮は、
上社前宮とはまた違った雰囲気
中に入ると、渋い回廊が奥までずっと延びていた
これはすごい
回廊を歩いて奥に行く
なんだか変わった神社だなぁ、と思いつつ細い道を奥に行くと、
なにやら壁が途切れたところに入口があった
中に入ってみると、
中は広くなっていて、
左手に豪華な社が立っていた
上社宝物殿というらしい
みなさんこちらを参拝しているよう
上社宝物殿を出ると、
前に神楽殿が立っていた
こちらの入口が表側らしい
ぼくが入ってきたのは裏口だったようだ
上社本宮を出る
近くに上諏訪温泉・宮の湯というのがあるようなので、行ってみる
宮の湯についてみると、どうもここは旅館らしい
ネットによると、お湯が熱いそうだ
お風呂に入りたいところだったが、やめておく
今日の宿は上諏訪駅の方なので、バスで移動する
諏訪には「かりんちゃんバス」というバスがあるそうだ
※無料ではない
上社本宮の近くにもバス停があるそうなので、近所を探す
うーん
よくわからない
仕方ないので、Googleマップを見てみる
バス停はここ
しばらく待つとバスが来た
大手町の辺りでバスを降りて、宿まで歩く
今日の宿は上諏訪温泉・民宿すわ湖
楽天トラベルで5.0点だったので、思わず予約した
諏訪の町は小さい
車がそんなに多くなく、水も流れていて、すごくのどかな町
宿は、
古い旅館をリノベーションしたんだろうか
きれいなゲストハウス風の旅館
評価通り、細かいところまで気遣いが届いている
旅行者が欲しいと思うものがだいたいそろっていた
晩飯は町に出てみたが、お店があんまりない
ブラブラしたが、けっきょくセブンイレブンで酒とつまみを買って宿に戻った
飲んだ後、宿のお風呂へ
掛け流しの温泉
これはいい
フカフカの布団で気持ちよく寝た