//Google Search Console用 徳島・高知の旅:絵金まつり | なまろぐ

徳島・高知の旅:絵金まつり

室戸, 徳島, 絵金まつり, 高知, 徳島, 絵金まつり, 高知

今日は徳島から高知に移動する
絵金まつりを見に行く
レンタカーを借りて、室戸へ
今日の宿はホテル富士
室戸半島は初めてきたが、意外と広い
けっこう時間がかかってしまったが、宿について荷物を置いてから、高知に向かう
赤岡についたときはすでに陽が落ちていた
海沿いの駐車場に車を停めて、会場へ向かう
絵金祭りは久しぶりに来たが、あまり変わってなくてうれしい
地元の人がお店を出して、カキ氷やフランクフルトなどを売る
地元が中心のお祭り
江戸時代に絵金が地元に残した絵のおかげで、地元にお金が落ちる
いい祭りだ
少し離れた須留田八幡宮に行く
事前にネットで、この神社でも神祭があると知った
毎年7月14・15日だけらしいので、無理をして今日来たのだ
絵金まつりは明日もやっているが、
ネット情報によると、今日じゃないと須留田八幡宮の神祭はやってないということだった
須留田八幡宮に行くと、絵が飾ってあった
立派な屋根の下に絵が飾ってあった
立ち話をこっそり聞いていると、
この屋根は最近つけたそうだ
かなりお金がかかってるらしい
一緒に絵を見ていたおじさんがお願いすると、
主が電気を消してくれた
うむ
やっぱり電気がない方がいいね
しばらく絵金の絵を堪能してから、絵金祭りに戻る
暑いのでカキ氷を食べながら、絵金の絵を見て回る
絵金蔵も入る
人が並んでいて、行列のまま中の絵を見て回る
以前きたときより絵が少ない気がするが、
おそらく一部を外で公開しているんだろう
赤岡の町はそれほど広くない
だいたい歩いてみて回ったので、
車に戻って宿に帰る
絵金まつりは、
人がそれほど多くなく、
地元で作ってる雰囲気がすごくいい
これからもずっと続けて欲しいものだ