//Google Search Console用 中国联通香港(China Unicom HK)のSIMカードでリチャージ(トップアップ)する方法 | なまろぐ

中国联通香港(China Unicom HK)のSIMカードでリチャージ(トップアップ)する方法

先日、China UnicomのSIMカードの記事を書いたが、リチャージ(トップアップ)の方法を端折ったので、今日はちゃんと書こうと思う
いま中国で使っているSIMはこれ

リチャージ(トップアップ)は下記の手順でできる
まず、マイページにログインする
ネット接続はWi-FiでもOK
ここの「login」からログインする
電話番号は、SIMカードをアクティベートした時にSMSでおくられてきた
(ちなみにアクティベートは、SIMカードをいれた状態でAPNを「3gnet」にしてアクセスポイントを追加するだけ)
アクティベートできたら、こんなSMSがくる
ChinaUnicomHK: 電話番号 is now activated.Please record your number. Valid until 08/10/17. To access Internet, set APN as “3gnet” from your handset, then enable data roaming. (查詢)済み容量の確認をする
※電話番号が書かれたSMSが送られてこない場合は、挿入したSIMカードがデータ通信専用である可能性がある。データ通信専用のSIMカードはネットでトップアップできない。
マイページにログインできたら、ログイン後の画面の「Payment/recharge」をクリックする
すると、下記の画面が表示される
20171001191917280.png
クレカで支払いしても大丈夫ですよ、ということなので、メッセージをクリックする
すると、こんな画面になる
20171001192017267.png
なぜか英語じゃない
不安な人は右上で英語に変更する
本来はチャージ額を選択できるそうなのだが、上記の大中華30日のSIMカードだと、150香港ドルのチャージしかできない
150HKDで1GB増量、30日延長になる、という説明が書いてある
(なぜか少し割り引かれている)
OKなら「確認」ボタンを押す
すると、支払い方法を選択する画面になる
20171001191539031.png
VISAかMASTER、もしくは大陸カードを選択できる
18歳以上の同意確認にもチェックを入れて、「確認」をクリックする
20171001192159274.png
またクレカ選択の画面
利用するクレカのロゴをクリックすると、
画面が切り替わる
20171001192341451.png
クレカ情報を入力して、「提交」ボタンを押す
これで完了
追加された容量は、残高確認では分からないが、現時点の容量を使い切ったらカウントがリセットされて、利用容量がまた1からカウントされる
残高確認の手順はこちら
ちなみに、2018年からはこっち↓のSIMに乗り換えた
中国・香港・マカオの旅行にはthree.com.hk(3HK)の格安SIMカードを強くオススメする

中国・香港・マカオの旅行には3HKの格安SIMカードを強くオススメする


中国旅行にthree.com.hkのSIMカードを新たに導入してみた

中国・香港・マカオで使える格安SIMカードを新たに導入してみた【three.com.hk(3HK)】


three.com.hk(3HK)のSIMカードをアクティベートした

中国・香港・マカオで使える格安SIMカードをアクティベートした【three.com.hk(3HK)】


three.com.hk(3HK)のSIMカードをリチャージ(トップアップ)する方法

中国・香港・マカオで使える格安SIMカードをリチャージ(トップアップ)する方法【three.com.hk(3HK)】


three.com.hk(3HK)のSIMカードをリチャージ(トップアップ)する場合の選択肢

中国・香港・マカオで使える格安SIMカードをリチャージ(トップアップ)する際の料金【three.com.hk(3HK)】