//Google Search Console用 八重山諸島をめぐる旅:西表島と由布島 | なまろぐ

八重山諸島をめぐる旅:西表島と由布島

今日は石垣島から西表島に移動する
朝、屋上に干してあった洗濯物を回収する
石垣島は暑いのに湿気がすごくて、
日陰だと洗濯物がなかなか乾かなくて困る
フェリーターミナルまで歩く
暑くてなえる
八重山フェリーのカウンターで、
予約してあったチケットの支払いをする
1490円
フェリーのチケットは、
事前にネットで予約すると安くなる
ただし、安栄観光は2日前までに予約しないといけない
しかし、八重山フェリーなら、
前日でもネットで予約ができる
おためしあれ
出港までの間、売店でササミおにぎりを買って食べる、200円
オニササは、
石垣島の知念商会で地元の高校が考案したらしい
おにぎりとササミかつを袋に入れたまま握ってなじませてから食べる、
というB級グルメ
知念商会まで行かなくても
それっぽいものがフェリーターミナルの売店に売られてたので買ってみた
これ、なかなかうまい
別々に食べるより、確かにうまい
でも、
知念商会のはもっとうまいのかもしれない
機会があったら食べてみようかな
石垣島0940発のフェリーに乗る
フェリーは途中、
竹富島にしばし停泊
出港後、気がつくとまた船が停泊してて、
てっきり西表島に着いたと思ってドアの方に行きかけたが、
「西表島に行くお客様はそのままお待ちください」とのアナウンス
そこで半分以上の客が降りた
団体みたいだったが何があるんだろう
と思って後で調べてみたら、
そこは新城島という島で、
パナリと言ってシュノーケリングのポイントらしい
なんでも、
島に聖域があって誰も入れないとか
行ってみたいなぁ
と思ったがツアーが高いので止めておく
西表島・大原港に1030到着
今日の宿は民宿やまねこ
大原港から歩いてすぐ
宿に行くとヘルパーさんがいたのでチェックイン
1泊3000円
荷物を置いてバイクを借りに行く
上原で乗り捨てしたいのでサザンレンタカーに行くも、
誰もおらず、電話も出ず
上原のサザンレンタカーも電話でず
やまねこレンタカーにも電話したが、バイクはなし、レンタカーの空きもなし、
うぅ、足がない。。
フェリーターミナルに行ってブラブラしてると、
フェリー到着待ちのレンタカー屋さんがいたので、
聞くと、空きあり、とのこと
996レンタカー、24hで4900円
これで足が手に入った
大助かり、助かります
バイクの方が安そうなのてバイクにしようと思ってたが、
流れ的にレンタカーを借りた
996レンタカーは上原で乗り捨てできないので、
とりあえず24hだけ借りることにした
延長のときは電話ください、ということだった
さて、足が手に入ったところで、
今日はどうしようかと考えたが、
なぜか迷ってしまった
がんばって船浮まで行こうか、
はたまた近場の由布島だけにしておくか、
考えながら車を運転していたら、
いつの間にか浦内川まで来てしまった
けっこう時間がかかった
1時間ほど運転していた
これはレンタカーにしておいて正解だった
バイクで炎天下に1時間もうんしたら、
日焼けでヘロヘロになるとこだった
ちなみに、
大原から白保まで車で1.5hだそうだ
意外と大きい島なのだ
沖縄県2番目だからね
お昼を食べようと
「島ぐるめRoco」を探したが、
ナビを見ないで運転してたため、
みつからず
上原の辺りを走ったが、
レンタカー屋さんは、
やまねことサザン以外見当たらなかった
レンタカーはずっと借りておいた方がよさげだ
その後、引き返して、由布島まで戻る
東側は他に行くところもないのだ
入園料1400を払って牛さんのとこへ
行きも帰りも3号車あずき8歳に乗る
牛車はゆっくりしてて雰囲気バツグン
御者のおじさんの語り口ものんびりしてて
いかにも島に来たって感じがいい
島の中に、学校の校門の跡があった
人が住んでた名残を残してるのは、
大事なことだと思う
やることもないので、
南風見田の浜の入口までドライブ
浜まではいかなかった
入口の横のキャンプ場は、
けっこうテントが張られてた
この暑いのにすごいなぁ
買い出しをして宿に戻る
玉盛スーパー
ミニパイナップル、かつおの刺身、鳥の唐揚げ、メンチカツ、島豆腐半丁、水ペット大、石鹸3こセット、オリオンビール大、1595
このスーパーは価格安めで品揃え豊富なのに驚き
かつおの刺身と島豆腐と鶏の唐揚げで晩酌
かつおが新鮮でうまかった
996レンタカーに延長の電話をする
部屋でダラダラするも、
部屋が暑くて汗がダラダラ
窓を開けて風が入るにしても、ひたすら暑い
せめて扇風機がほしい
ちなみに、クーラーは有料
2200ごろ、車で星を見に行く
満天の星空
南十字星がひときわ光ってた