//Google Search Console用 スペインとポルトガルの旅:バルセロナからバスでアンドラへ | なまろぐ

スペインとポルトガルの旅:バルセロナからバスでアンドラへ

アンドラ, スペイン, バス, バルセロナ, ヨーロッパ, スペイン, バス, バルセロナ, ヨーロッパ

宿をチェックアウトして、バスでアンドラへ向かう
宿の近くのトラム駅 Pere IV からトラムに乗る、2.15ユーロ
Marinaでトラムを降りて、北バスターミナルEstacio del Nordまで歩く
暑いので汗が出る
Estacio del Nordは、北側が入口になっている
橋を渡って2階に入ると、切符売場が並んでいる
チケットはすでにネットで買ってある
片道&先行割引で、15ユーロ+ネット手数料2.6、クレカ払い
往復割引もあるが、帰りはバルセロナ空港に直接行こうと思っていたので、片道で買った
のだが、間違えて帰りもバルセロナまで買ってしまったので、往復で買えばもっと安かったと思う
なんだか、ちょくちょく失敗してる
たぶん、疲れてるんだ
バスは1階から乗る
時間があったので、バスターミナルを散策
マッサージチェアがあったり、スマホを売っていたり、
よく分からないお土産屋があったり、なかなか飽きさせない
ふと構内の案内板をみると、スペイン語ではない言語が書いてある
あれは何語?
不思議に思って、試しに単語をGoogle翻訳に入れてみると、
なんとカタルーニャ語だと言う
カタルーニャ語?なにそれ?
と思ってさらにGoogle先生に聞いてみると、
アンゴラの公用語であり、スペインのカタルーニャ州でも公用語だと言う
ほぉ~
そんな言語があるとは
そんなことをしていると、出発時間が近づいてきた
構内の画面で乗り場を確認する
31番とある
行ってみると、すでにバスが停まっていた
あれ?
でもアンゴラ行が3台も並んでる
31番に停まっているバスに乗ろうとすると、32番に乗れと言われる
なんだろう?
乗客が少ないからかな
乗る時に運転手がパスポートを確認
1500にバルセロナ北バスターミナル出発
車内はガラガラ
のどかで雄大な景色の中をバスが走る
快適だ
途中、セオデウルヘルSeu D Urgellのバスターミナルでしばし停車
すぐに出発
1745、国境のようだ
高速の料金所のようなところを通る
スペインの警察がいたが、チェックはなし
アンドラ入国
1825にアンドラ着
温泉地のような風景が広がっている
日差しは強いけど、風が冷たい
Googleマップで確認すると、
Conservació i Explotació de Carreteres Coexと書いてあるところの隣にいるようだ
このバスターミナルはできたばっかりでまだGoogleマップに載ってないのかもしれない
今日の宿はホテル ピティウサ
宿まではどう行こうか
とりあえず周りをブラブラして、バス停を探す
タラゴナ通りを渡ったところにバス停があった
路線図を確認すると、いくつかのバスは中心部の方に行くようだった
バスを待ってみる
が、バスが来ない
うーむ
どういうことだろう
歩いた方が早いかも、ということで、宿まで歩く
30分ほど歩いて、宿に着いた
やさしそうなおじいが受付
チェックインする
2泊で76ユーロ
古そうなホテルだが、部屋はきれいだ
荷物を置いて、食事に行く
来る途中でパエリヤの看板があっておいしそうだったところに行ってみるが、
どこだったか分からず、適当にレストランに入った
Pizzeria Primavera
カルボナーラ、ボロネーゼ、パエリア、デザート、コーヒーを注文する
パスタは、うーん、いまいち
パエリヤは、うーん、パエリヤのもとで作った感じ
でも20.69ユーロならまぁしゃあないか
クレカ払い
スペインは、パスタがいまいちなところ
イタリアが近いのでパスタはうまいだろう、と思うのだが、なぜかいまいち
アンドラは、日が暮れると店はだいたい閉まってしまう
バーやレストランはいくつかやっていたが、夜は早めの街だ
おそらく日帰り観光客がほとんどだからなんだろう
帰りにスーパーマーケットによる
Centro Comercial Leclerc
水とお菓子を買う
【今回の旅で参考にしたガイドブック】
地球の歩き方 スペイン