//Google Search Console用 スペインとポルトガルの旅:アンドラでギャンブル | なまろぐ

スペインとポルトガルの旅:アンドラでギャンブル

アンドラ, ギャンブル, ヨーロッパ, 宿, 海外, ギャンブル, ヨーロッパ, 宿, 海外

今日はアンドラを観光する
昼前に起きて、中心街へ
何があるってわけでもないアンドラ
とりあえずブラブラする
おなかが空いたので、適当にレストランへ
RESTAURANT LES BARQUES
マルガリータ、ムール貝、サラダをたのむ
1皿の量が多め、1.5人分くらいある
28.58ユーロ
アンドラはタックスヘイブンだったらしいが、いまはそうでもないらしい
ただ、街中を見ていると、すごく安いという気はしないが、それなりに安い気はする
たばこ、酒、化粧品、薬、服、靴、バッグ、腕時計
スマホ、家電、GoPro、ルンバ、カメラ、香水、レゴ、インテリア、家具
みんな買い物に来てるようだが、あんまり買わないでブラブラしてるみたい
スーパーマーケットに行く
CCA Centre Comercial Andorrà – Super U
宿の近所のスーパーマーケットより品揃えいい
海がない国なのに、魚介が安いし豊富
ムール貝なんてほぼ食べ放題の値段
宿にキッチンがあれば楽しいのに
生ハム、チーズは、スペインより少し高め
チョコレートは豊富で安い
酒も豊富
アンドラは、レストランはあまりない
夜も早いので、早めに食事を済まさないといけない
行くところがないので、ビンゴに行ってみる
ビンゴスターという看板が見えるので、そこを目指して歩く
ビンゴスターはHotel Acta Arthotel Andorraの並びの2階にある
階段で2階に上がると、受付に女性が2人
パスポートを提示して、右の部屋に入る
左の部屋はスロットがあるようだ
ビンゴは、いわゆるあのビンゴ
結婚式の2次会とかでやる、あれ
3×5の15マスを、90の数字で埋めていく
ビンゴのシートは、最初1枚1ユーロ
買っていくと高くなっていって、3ユーロとかになる
中では、ドリンクや軽食もある
コークが1.3ユーロを飲みながらビンゴに参加する
一列5つの数字がそろうと、最初のビンゴ
最初に一列そろえた人に賞金が出る
その次は、3×5の全部をそろえた人に賞金が出る
賞金は、参加人数による
人数が多いと、当然、勝つ確立は下がるが、賞金は多くなる
回ごとにラッキーナンバーが決まっていて、
最後の番号をラッキーナンバーで上がると、ミラクル
賞金が跳ね上がる
ぼくがやったときは、人がまだ少ない時間だったので、あがりやすく、1時間くらいで50ユーロの儲け
夕方くらいから人が増えてきて当たりにくくなったので、切り上げた
アンドラの観光地は、スパとか教会とかあるようだが、
今回はそんなところには行かず、ブラブラ散策しただけだった
店はだいたい2100には閉まるようだ
バーやレストランなんかはやっているところもある
たばこは3ユーロくらいで買える
スペインと比べると少し安い
カートンだと15ユーロから30ユーロくらい
宿に戻った
アンドラに来て、どうも風邪っぽい
でも、症状からすると、花粉症のような気もする
とりあえずインドで買った風邪薬を飲んでおいた
空気がどうもよくない気がする
排気ガスなのか花粉なのか
花粉症の気配が濃厚な気がするが、実際どうなのかは分からず
【今回の旅で参考にしたガイドブック】
地球の歩き方 スペイン