//Google Search Console用 スペインとポルトガルの旅:アルハンブラ宮殿の当日チケット | なまろぐ

スペインとポルトガルの旅:アルハンブラ宮殿の当日チケット

グラナダ, スペイン, ヨーロッパ, , 海外, スペイン, ヨーロッパ, , 海外

今日はアルハンブラ宮殿に行く
7時に起きて、昨日の残り物のバゲットと生ハムとチーズで朝食
荷物を宿に預けて、宿をチェックアウトした
少し遅くなってしまったが、0725に宿を出た
天気よし
しかし半袖だと肌寒い
Puerta de las Granadasを通ってチケット売り場に向かう
0745に庭園とヘネラリフェの間にあるアルハンブラ宮殿のチケット売り場に着いた
窓口の前から奥の券売機に向かってけっこうな行列、50人以上いる、100人はいないだろう
こりゃあかんやろうなぁと思いながら待っていると、照明がついた
0840にようやく順番が回ってくるが、ナスル宮殿のチケットは買えず
夜のチケットもだめ
仕方ないのでナスル宮殿以外のチケットを買う
土曜日だから人が多いのか
普段からこんなに行列なのか
いずれにしても、もっと早めに来ないとダメということだ
6時くらいに来ていれば買えたかも
券売機は、
左から、夜のチケット用が1台、宮殿以外のチケット用1台、ジェネラル用が数台、一番右はなんかわからんが1台、という具合に並んでいて、
順番が回ってきたときにはすでに宮殿以外のチケット用しか人が並んでいなかった
宮殿以外のチケットは昨日の夕方でも買えたので、おそらくいつでも売ってるんだろう
アルハンブラ宮殿はツアーで来るのが無難かもしれない
気を取り直してアルハンブラ宮殿を散策する
入口から入って少しいくと、眺めのよいところがあった
人が溜まっていた
遠くにグラナダの街が見える
左に曲がって歩いていくと、庭園に入る
さすが、入場料が高いだけあってきれいに手入れされている
イスラムの王様はこんなところを散歩したのか
その先、カルロス5世の宮殿、アルカザバと見ていく
アルカザバの前にナズル宮殿の列ができていた
Googleマップで言うと、
Placeta De Los Aljibes. Conjunto Monumental de La Alhambra y El Generalife
と書いてあるところ
チケットがある場合は、ここから並んで入るんだろう
カルロス5世宮殿は、まぁ、普通
中になにやら美術館ぽいのがあったが、有料みたいなのでスルー
アルカザバは、景色はよし
グラナダが一望できる
カルロス5世宮殿と庭園の間にチェックポイントがあった
庭園からカルロス5世宮殿に行くときにはチェックされなかったが、
カルロス5世宮殿から庭園に戻るときにはチェックされた
最後にヘネラリフェを見ていこうと思ったが、
なんだかなにもなさそうだったから、途中まで行って引き返す
スペインに行くことにしたとき、当初はグラナダは日程的に難しそうだったので、旅程には入れていなかった
しかし、旅程を圧縮するとグラナダにいけそうだったので、どうにか立ち寄ったのだ
母親が昔スペインに行ったとき、アルハンブラ宮殿はすごかったよ、と言っていたので、
どうにかグラナダに来てみたのだが、
たぶんすごかったのはナスル宮殿だったんだな
マドリードでも王宮を見れなかった
たぶん今回は王宮に縁がなかったんだな
いずれまた来ることもあろう
そのときはツアーにしようと思った
スペインをブラブラしてみて思うのは、アジアとは違うなぁ、ということ
そりゃ当然なんだけど、旅をしてても、アジアのような楽しい気分にはならない
なんでだろうなぁ、と考えていたんだけど、
周りの観光客がほとんどツアー客だからじゃなかろうか、と思った
スペインを歩いていると、スペイン人の観光客がけっこういる
あと、フランス人も多い
場所によっては、中国人と韓国人のツアーも見かける
日本人はほとんどみなかった
世界屈指の観光大国なので、ツアー客が多いのは当然なんだけど、
ツアー客をターゲットにしているので、一人で旅行していると不便なことが多い
アルハンブラ宮殿のチケットが手に入りにくいのも、ツアー客が多いからなんだと思う
グラナダにくる2週間ほど前、
アルハンブラ宮殿のチケットをネットで購入できると聞いたので、早速サイトを見てみたが、
1ヶ月先まで売り切れだった
ネットでは、業者が買い占めてるということだった
現地ツアーも探してみたが、ぜんぜん見つからなかった
ぼくのような行き当たりばったりのバックパッカーが来るようなところではないと、
ヨウヤク、ウスウス、気づき始めていた
だから、いずれまた来ることもあろう
そのときはツアーで来よう、と思った
夜のナスル宮殿というのも興味があったが、
このチケットを買うにもおそらく早朝から並ばないと手に入らないのであろう
バックパッカー泣かせだ
これまたツアーで来るのがよいだろう
さて、ネット情報によると、
アルハンブラ宮殿のチケットは、市街のLaCaixa銀行のATMやオフィスでも発券可能とあった
試しにcalle gran vía de colon沿いのLaCaixa銀行でATMをのぞいてみたが、そんなメニューなかった
ネットで調べてみると、
どうも古いタイプのATMではできないようだ
新しいタイプのATMはまだあまり設置されていないようだった
ヘネラリフェの入口は午前と午後で入場時間が決まっているということだったが、
チケットを買うときも、入場するときも、そんなことは特に言われなかったし、チケットにも書いてなかった
おそらく今はそういうことはないのだろう
アルカサバに行くとき、
裁きの門から入場している人もけっこういた
ツアー客がほとんどなんだろう
事前にチケットを手に入れて裁きの門から入場する、なんて個人でできるのだろうか
事前にネットでいろいろ調べたのだが、
情報は豊富にあるものの、実際にはなんだかよく分からないまま現地に来てしまった
謎多きアルハンブラ宮殿である
帰りはショートカットで宿まで戻った
チケット売り場の手前のカフェのところを入って行くと小道があって、
Paseo de los tristesの方に抜けられる
観光客はあまりおらず、地元の人のランニングコースになっているようだった
【今回の旅で参考にしたガイドブック】
地球の歩き方 スペイン