//Google Search Console用 中国とロシアの国境を越える旅:東方餃子王が激ウマ | なまろぐ

中国とロシアの国境を越える旅:東方餃子王が激ウマ

アジア, ハルピン, 中国, 宿, , 海外, 食事, ハルピン, 中国, 宿, , 海外, 食事

今日は特にやることはないので、宿の近所をブラブラする
朝は遅めに起きた
ランチに東方餃子王へ行く
宿からすぐ近い店
ファーストフードかと思ったら、思いのほかちゃんとしたレストランだった
1名だが2人席に通される
日本のようにカウンター席なんてないのだ
席の上に紙のメニューが置いてある
注文する商品を鉛筆でチェックする方式だ
値段は、食堂よりは高いが、レストランとしては安め
焼き餃子は三鮮煎餃を注文
何かわからないけど白菜猪通餃も注文する
裏にもメニューがあるというので、裏にあった茄子ニンニク和えを注文
あとはもちろんハルピンビール
料理はそれほど待たずに出てきた
餃子がうまい
日本で食べる餃子よりもぜんぜんうまい
なぜ??謎だ
白菜猪通餃は、蒸し餃子だった
蒸篭で出てきた
これは、まぁ普通
なすのニンニク和えは、これでもかというくらいニンニクが効いてる
これはうまい、ビールにぴったり
でも、たぶんあとですごいことになりそう
これで53元
この味なら高くないね
周りの客は、水餃子をたのんでるようだ
でも満州といえば焼き餃子だろう
ここの焼き餃子は食べておいて損はない
また来るとしよう
暇なので近所をプラプラする
商店でまたサンダルを見つけた
昨日買ったやつより少し軽め
軽いのは重要だ
また買ってしまった
15元
行くところもないので、中央大街を北の方へ歩く
中央大街は10年前も来たはずだが、まったく記憶がよみがえってこない
当時の景色とまったくシンクロしない
10年前はもっとシケてた記憶がある
いまはなかなかイケてる雰囲気
でも、歩いてる中国人はおのぼりさん風ばかり
まぁ、ぼくもおのぼりさんなんだけど
友誼路のもうひとつ北側の道を東に入ってみると、ウォルマートの看板があった
ビルに入ってみると、1階は食堂が何軒か入っていて、2階がウォルマートらしい
ビルの西側にあるエレベーターから2階にあがった
中国のウォルマートは、商品が充実していて、値段も安い
あるとついのぞいてしまう
お土産を買うのにも便利だ
惣菜なんかもあって、安いのでたまに買うが、うまくはない
暇なのでいろいろ見ていると、またサンダルがあった
さっき買ったやつより軽い
4.8元か、安い・・・
また買ってしまった
サンダル買いすぎ。。
川沿いの公園をブラブラしてから、宿に戻った
宿は客が少なくて、静かでよい
今日もここに泊まろう、と思っていたら、若い女性がタブレットを持ってぼくのベッドのところに来た
昨日の女性と違う女性、英語が話せないようだ
ぼくのつたない中国語と英語で、今日も泊まるよ、と伝えた
1泊34.20元なので、100元と20角を渡す
でも女性は困惑している様子
暗算できないようだ
スマホの電卓で計算してあげると、部屋から出て行った
少したってから、貯金箱を持って戻ってきた
貯金箱をあけて、小銭を広げた
お釣りをぼくに渡すと、また出て行った
なんだかのどかな風景
時間の流れがゆっくりしていて、すごく居心地がいい
明日は鉄道の切符を手に入れようか
【今回の旅で参考にしたガイドブック】
地球の歩き方 ハルピン