//Google Search Console用 チキンタバカ | なまろぐ

チキンタバカ

食べる食べる

リストビヤンカのホテルMayak Hotelに泊まった時のこと
英語あり、写真つきのメニューを見ながら、
チキンのグリルを頼んだ
出てきたのは普通のチキンのグリルだが、
味が濃くて、鶏じゃないように思った
なかなかうまい
でもこのチキン、
ウズラでもないし、カモでもない
もしかして
西洋人が食すと言うかの有名なハトか、
日本ではあったことがない味の鳥だなぁ、
と思いながら、おいしく頂いた
ビールも飲んで腹いっぱいになりながら、
部屋に帰ってレシートを見ると、
「Chicken Tabaka」と書いてあった
むむ
なんだろうかと思ってGoogle検索してみても、
「たばこ」と「鳥」の話しか出てこない
ふむ
やはり日本にはないのかもしれん
しかたないので、
英語で検索してみると、
なにやらレシピが出てきた
読んでみると、
なになに
チキンにスパイスをすりこんで焼く、とある
普通のチキンでもよい、とある
なにっ!
そうすると
やっぱりチキンじゃないってことか?
もしかしたら
ぼくが知らない「たばこ」なる鳥がいるのかもしれん
これは面白い
そう思っていろいろGoogle先生に聞いてみた
すると、
Wikipediaが出てきた
なになに
グルジアの郷土料理です、と
なるほど
最近ヨーロッパでも出されるようになった、とな
ははぁ
通りで、日本では見ないのか
さらに続く
チキンを開いて平たくして
スパイスをぬる
ふむふむ
「タバカ」という鍋を使って焼く
ほー
それでー
「タバカ」という鍋を上から敷いて焼く
へー
変わった料理だなぁ
そうかー
「タバカ」を使って焼いた「チキン」だから
「タバカチキン」なのか
というわけで、一件落着
「チキンタバカ」はグルジアの郷土料理で、
「タバカ」という鍋を使って焼いた「チキン」だった、
のでした
それにしても、
リストビヤンカで食べた「チキンタバカ」はおいしかった
料理方法もさることながら、
使ってる鶏がそもそもおいしかったのかもしれない

  • 20170505135414113.jpg

食べる食べる