//Google Search Console用 チャイントンから天津へのルートを考える | なまろぐ

チャイントンから天津へのルートを考える

Harry’s hotelの主人からモンラーには行けないと聞いて、ルート変更を余儀なくされる
今回は、日本へ帰る飛行機を予め予約してあった
あとから後悔したのだが、なにをとち狂ったか、
香港エクスプレスで昆明から東京までの飛行機を予約してしまった
あまり記憶にないのだが、たぶん酔っ払ったときにFacebookの広告につられて予約してしまったのだろう
日本を出た後で、今回の旅で天津にも行くことになった
インドにいるときから、ルートをどう変更するか毎日悩んでいた
インドからミャンマーに国境を越えられないのがわかってから、
タイ経由でチャイントンまではようやく来ることができた
しかしまたミャンマーの壁に阻まれる
ビールを飲みながらネットを見ていると、
モンラーでミャンマー軍と中国寄りの組織がにらみ合っているというニュースがあった
モンラーじゃないところから中国へ入ればいいかな、とも思ったが、
ミャンマーと中国はどうもいま険悪な雰囲気のようで、だめそうなニュースが他にも出てきた
なるほど
そうなると、いずれにしてもミャンマーから中国へ抜けるのはやめておいたほうがよさそうだ
ミャンマーが経済的にも軍事的にも自立することは喜ばしいことだが、
旅行者としては不便で、困ったものだ
まぁ、事前にちゃんと調べておかなかった自分が悪いんだが
最近は便利になったおかげで、旅行に出てから調べる癖がついてしまって、
こんなことがたびたび起こっている
どうにかしないとなぁ、と毎回思うのだが、またもややってしまったというところだ
ミャンマーからの中国入国はあきらめた
にしても、天津へどうやっていこうか
まず、昆明には行くべきかどうか
また、香港エクスプレスの便をあきらめるかどうするか
昆明は、時間があれば大理/麗江/シャングリラに行きたかったので、
昆明から日本に帰ることにしていた
しかし、いまとなってはそんな時間はなさそうだ
香港エクスプレスの便は、
天津に行ってから昆明に戻ってきて日本に帰るのは、
距離的に無駄だし、航空券も高くつきそうだ
ましてや、
国外から中国の天津に行く便なんてのはあまりないだろうから、たぶん高いだろう
そうなると、
昆明に行ってから中国の国内線で天津に行って、
そこから日本に帰るのが一番安そうだ
ビールを飲みながら、Skyscanner先生と相談した
すると、昆明から天津、天津から東京は、思ったより安かった
なによりも春秋航空が天津⇔成田を格安で飛んでいた
というわけで、昆明→天津→日本で行くことにした
あとから知ったが、天津⇔成田は最近就航したそうだ
時期的に運もよかったが、春秋航空はすばらしい
なお、香港エクスプレスの昆明→東京の予約はキャンセルすることにした
ではチャイントンから昆明まではどう行こうか
チャイントン→バンコク→昆明、と行くのが早いし安そうだが、
チャイントン→チェンライ→ルアンパバーン→シーサンパンナ→昆明、というのもそそられる
中国/ラオスの国境はまだ越えたことなく、行ってみたかった
お金と時間はどれほどかかるかGoogle先生に聞いてみたところ、
あれ、意外と高いし、かなり時間がかかる
チャイントンに来るときにチェンライに寄ったのだが、
そこの宿でルアンパバーン行のバスがあるというのを見た
ちょっとそそられた
でも、チェンライからルアンパバーンが20時間、1000バーツとなると・・・
今回インドでもタイでもバスの長時間移動や飛行機での機内泊が続いたので、これ以上はもういいかな
しかも、ルアンパバーンから昆明となると、24時間
うぅ・・・もうそんな若くないんで。。。
というわけで、
バンコクから昆明まで飛行機でいくことになりました
これもSkyscanner先生に聞くと、思ったより安い
その夜のうちに飛行機を全部予約しました
日程を組み合わせてみると、意外と余裕があるかも
せっかくだから明日はトレッキングに行ってみるか
おかみさんにトレッキングできるかどうか聞いてみる
「たぶんOKだよ」といいながら、なにやら電話をかけていた
「どこ行きたいの?」と地図を見せてくれる
うーむ、なんかいろいろ村があるんだね
でも、なにが違うのかよくわからん
「明日までに決めておいてね」
なんだか意外といい加減で居心地がよい
ということで、地図を持って部屋に戻り、Google先生と相談
のんびり旅をしたいのに、いつも忙しくなる
自分の性分なんだろうか
どうにかしたいのだが、どうにもならない
うーむ