//Google Search Console用 中国とロシアの国境を越える旅:ハイラルから満洲里へ行く | なまろぐ

中国とロシアの国境を越える旅:ハイラルから満洲里へ行く

バス, ロシア, 中国, 海外, 満洲里, ロシア, 中国, 海外, 満洲里

今日はハイラルから満洲里へ行く
バス停に掲示してある路線図を見ていると、
1路の停車駅に「公共汽車站公司」というのがあったので、
きっとバスターミナルはそこに違いない、と思い、1路のバスに乗った
しかし、降りたバス停で停車駅リストを見ると、なんと「消防庁」と書いてあった
あれれ??
うーむ、見間違いだったのだろうか・・・失敗
仕方ないので、タクシーを拾って公共汽車站」に行く
10元でついた
中国はタクシーが安くてよい
建物には「新公共客運站」と書いてある
確かに新しい建物のようだ
使われているのかどうかは定かではないが、建物の前にはバス停もある
18路と書いてある
停車駅リストを見ると、友誼医院から乗れるようだ
ハイラルについたときに友誼医院からバスに乗ったが、
対面には満洲里と書いたバスが何台か止まっていた
もしかしたらあそこからでも乗れるのかもしれない
ちなみに、
泊まった宿で見たバス案内には、こう書かれていた
~~~
古いバスターミナルはバスが少ないので、事前に確認したほうがよいでしょう
~~~
地球の歩き方の地図では、友誼医院を少し行ったところにバスターミナルと書いてあった
そこが古いバスターミナルなのかもしれない
駅の近くから満洲里に行くなら、18路のバスに乗って新バスターミナルに行けばよい
駅の近くでなければ、タクシーに乗るのが楽だ
節約するなら、友誼医院でバスを乗り換えればよい
いずれにしても、
この「新公共客運站」から満洲里行のバスに乗る
バスは1時間に1本くらいの頻度である
14:30のバスに乗った
ハルピンでもそうだったが、
最近、バスターミナルにバスの時刻表が掲示されていない
ネットで見てね、ということらしい
ネットやアプリの案内のポスターが貼られていた
ちなみに、こちらから時刻表を検索できる
火車なども検索できるようだ
出発地、目的地、日付を入れると、
時刻、距離、料金、空席を見ることができる
便利な時代になったものだ
そうそう
火車もネット予約して駅で切符を受け取ることができるらしい
昔みたいに窓口の前で中国人と喧嘩しなくてよくなったのだ
すばらしいことだ
14時半に出発したバスは、高速を突っ走った
バカでかいロシア風の建物が草原の中にポツリポツリたっていて、異様な光景だった
17時ごろには満洲里に入った
満洲里に入ると五道街のバス停に止まりながらバスターミナルへと向かう
ぼくは宿に近いバス停で降りた
うぅ、寒い・・・
キリル文字や大きな商城が目につく
もうロシアは目と鼻の先
つづく
【今回の旅で参考にしたガイドブック】
地球の歩き方 ハルピン