//Google Search Console用 ロシアのビザは個人で簡単に取得できる | なまろぐ

ロシアのビザは個人で簡単に取得できる

ビザ, ロシア, , ロシア,

GWにロシアを旅行する計画を立てている
ロシア旅行はビザが必要なのだが、調べてみるとなんだかよくわからない
でも実際にやってみると、ビザは簡単に取得できる
ぼくの場合は、下記のものだけで個人の観光ビザ(シングル)を取得できた
・電子査証申請書(EVA)
・写真(パスポート用)
・パスポート(日本)
・バウチャー
下記のような流れで準備をした
【情報収集】
最初はロシア大使館のホームページを見た
必要なものがたくさん書かれているのだが、なんだかよく分からない
ロシア大使館
数年前にシベリア鉄道に乗ったときはかなり大変だった記憶がある
すべてのホテルと鉄道の予約をした上で、
旅程と滞在地とホテルを記載した旅程表を作り、
さらにロシアの旅行会社に招待状を発行してもらって、
それらを持って大使館に行ってようやくビザを取得、というような感じだったと思う
それをまたやるとなると気が滅入るなぁ、と思っていたのだが、
いまはどうもそのときとは違うらしかった
【書類の準備】
まず、電子査証申請書(EVA)がオンラインで作成するようになっていた
ロシア大使館のホームページにあるリンク先のページで必要事項を入力する
入力方法はネットにいろいろ書いてあるので、特に問題ないと思う
完了すると、PDFで申請書をダウンロードできるようになる
これを印刷する
次に、写真は街ナカの写真スタンドでパスポート用を撮影した
ネットで調べると、背景が1色じゃないとだめ、などの条件があるようなので、確認しておくとよいと思う
パスポートは、日本のパスポート
当然、有効期限が充分ないとだめ
最後に、バウチャーはここで取得した
調べた感じだと、ここが一番安いんじゃなかろうか
入力方法は特に問題はないと思うけど、
ロシア語が出てきたりしたらGoogle翻訳などを使って、どうにか入力するしかない
クレカで13.81ユーロ(実際には799ルーブル)支払った
決済完了後、すぐにメールが届いた
バウチャーはPDFで送られてきた
これを印刷する
【大使館で申請】
これらを持って、神谷町のロシア大使館に行った
申請は、平日AMのみ
参考までに、大使館に掲示してあった休館日カレンダーを貼り付けておく
ぼやけて見にくいけど
IMG00295.jpg
9時ごろに着くと、すでに人が並んでいた
9時半になると、入口のドアの鍵が開く
鍵が開く音がすると、中に入れるので、ドアを開けて中に入る
待っていても内側からドアを開けてくれたりはしないようなので、先頭の人は堂々と中に入りましょう
さて、入って右手の奥に行くと、建物の中に申請カウンターがある
申請カウンターの手前に整理番号の紙を取る機械があるので、番号をとる
窓口は3つあるが、2番の窓口が申請窓口
自分の番号が呼ばれたら、窓口に行く
書類を提出すると、係のきれいなお姉さんが書類をチェックしてくれる
不備がなければ、受け取りの日を聞かれる
2週間後であれば無料なので、「2週間後」と答えた
日本語でOK
問題がなければ、隣の3番の窓口に並んで、受取票をもらう
これで終了
なんだけど、
ぼくの場合は、バウチャーに不備があり、翌日また申請に行った
実は、上記のリンク先の業者から取得したバウチャー、PDFでメールで送られてくるんだけど、
それをそのまま印刷したら印刷されない項目があって、それを指摘された
印刷はセブンイレブンでしたのだが、プリンターによるのかファイルの不備かはよくわからない
印刷したら、ちゃんと印刷されているかチェックした方がよいと思う
ぼくは、仕方がないので、
PDFをPrintScreenでキャプチャーして、それをPowerPointに貼り付けてからPDFで保存した
セブンイレブンでまた印刷して、翌日また申請に行った
自業自得
再申請は特に問題なく、2週間後以降に受け取りに来る旨の受取票をもらって終了
先日、ロシア旅行はビザがいらなくなるというニュースがあった
今後だんだん簡単に旅行できるようになるとうれしいが、どうなるやら
ちなみに、申請は3月30日に受理されたので、4月13日に受け取りに行った
何事もなくビザを取得できた
記載内容も問題なかった

ビザ, ロシア, , ロシア,