//Google Search Console用 BMWディーラーを回ってみた | なまろぐ

BMWディーラーを回ってみた

走る走る

BMWのディーラーをいくつか回って、
いま乗ってるBMWの下取りと、新車の見積りをしてもらった
学んだことをまとめる
・モデルチェンジ直前の在庫は、残価率は低いが、値引率が高い
(加えて今回は、バリューローンの金利優遇もあった)
・BMW東京・ヤナセは、営業はまったくなく、聞いたことだけ答えてくれただけだった上に、値引き・下取り条件は最悪
(金が余ってない人は行ってはいけないところなのだろう)
・AbeBMW・池袋BMWは値引き・下取りともによかった
(下取りはAbe、値引きは池袋がよかったが、総額では同額)
・特にAbeは、説明も丁寧で、こちらが手が届くようにいろいろとがんばってくれた
全体的に印象的だったのは、
BMW東京とヤナセの客層は、ほとんどがお金を持ってそうな年配の方々で、セールスマンはその方々の雑談や自慢話の相手をするのが仕事、という感じだった。
ショールームがあたかも、常連さんのたまり場のような雰囲気で、
一見さんはその日にハンコ押す気がない限りこないでください、という感じだった
殿様商売とはこのことをいうのか、と勉強になった
一方、AbeBMWは、
いわゆる普通の雰囲気の方々がBMWの車を購入しようと思って見に来てる、という感じで、親しみを感じた
説明も丁寧かつ正確で、非常に好感が持てた
池袋BMWは、
客層は常連が多そうな感じだったが、説明などもそれなりにしてくれた。
ただし説明が曖昧なのと、見積りが正確でない(金利優遇などは無視)などがあり、購入する側としては心配に感じた。
(セールスマンによるのだろうが)
結局、売れてるディーラーは一見さんにとっては敷居が高い(雰囲気、お金の両面で)ということかもしれないな、と思った
今回学んだ、BMWの車のお得な乗り方も、メモしておく
・1~2年落ちの認定中古車を買うより、新車を買う方が、月々の支払いを安くして乗れる
(認定中古車はエントリー向け、新車はリピーター向けとして位置づけているのではないか?)
また2年ほどしたら次の車に乗り換えしようと思う。

走る走る